だーまんのブログ

東京大学を経て、帰国子女にも関わらずドメスティックな不動産業界へ。人生で大切なことは全て本と映画から学ぶ。複数の収入源を持ちながら、海外との二重生活を目論む20代。本や映画のこと、節約術、不動産の話、受験のコツ、自己啓発など幅広く発信していきます。

1週間の追い込み勉強で、41点で宅建に合格した経験から学んだ、新しい知識を得る時に一番大切なこと。

大学4年生の内定者の時に、”宅建”に受かった。

ぼくの大学4年生は決して暇ではなく、

秋には部活の最後の大会があり、年明けには卒論があり(しかも、英字1万字!!)、

決してゆとりの大学生活ではなかった。

 

大会が終わった宅建試験1週間前からの、怒涛の追い込み。

結果的に、合格点34点くらいの中、41点で受かった。

 

その時に感じた、自分が知らない、新しい物事を学ぶときの、自分なりの”コツ”について書いてみる。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

 

何より大切なことは、「全体像の把握」

具体的な勉強の話でいうと、

まず、薄ーーーいテキストで全体を把握すること。

簡単に読めて、おまけに漫画とかイラスト多ければ最高。

1冊通してササっと読めるテキストから手にすること。

 

宅建の勉強の時は、最初に会社から分厚いテキストを渡された。

まだ始まる前から、いきなりこれかとげんなりした。

 

その時のスケジュールとしては、

内定者が出揃った6月くらいから全体の勉強会がスタート。

しかし、勉強会といっても、月に一回、数時間の講義と、毎週のなんとなくの小テスト。

模試をやっても、20点かそこらしか取れない。

全く何も身についていない状態で、試験1週間前を迎えることとなった。

 

これではさすがにまずいと思い、

部活の引退後、まず本屋に向かった。

とにかく薄くて、さーっと全体を理解できるようなテキストを探した。

そして、これまで使っていたテキストの10分の1くらいのを購入。

 

このテキストを、2回、一気に読み込んだ。

 

ここでやっとすべてが繋がった。

あ、これはこういうことだったのか。

あれは、ここと繋がってくるのか。

実は、これはそんなに大事なことではないんだな。

そんなことが、見えてきた。

 

今勉強しているのが、どの分野のどういう箇所で、どのあたりが大切なのか。

全体像が見えていたことで、自分の立ち位置がよくわかるようになった。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

 

人は、要領が掴めないことに対して、

それを受け入れる力が弱くなる、という話を聞いたことがある。

 

脳は、分類が好きだ。

全体像を知ることで、分類が可能になる。

そして、分類ができる=それについて知っている、ということ。

知っているということで、脳は新しい知識の習得に対して、前向きなる。 

 

目先のことだけにとらわれてしまうと、大事なことを見落としてしまう。

全体像がわかることで、

今自分のやっていることの重要度を、客観的に把握できるようになる。

 

どこにエネルギーをかけたらいいのか。

宅建の勉強で具体的に言うと、

・業法は、暗記メインで、似たような問題が出るので、点数が取りやすい

・民法、法改正も多く、対策がしにくい

 

つまり、冷静に戦略を立てるなら、まず業法から攻める。

しかし、何も知らない当初は、

テキストが民法から始まるので、何も考えずに民法から勉強を始めた。

当然、難しいのでなかなか結果が出ず、挫折していく。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 

頭のいい人は、

難しいことをあっさり理解できる人たちだと思っていた。

 

そうではない。

勉強が得意な人と実際に触れて思ったのは、その正反対である。

 

彼らは、「全体像の把握」がうまいのだ。

難しいことも、鳥のように全体を俯瞰することで、大枠を捉えることができる。

自分の知識の枠組みの中で、素早く分類ができる。

 

新しいことを学ぶ時は、まず全体像を早く捉えること。

自分の立ち位置がわかるような状態にすること。

そのことが、知識の習得を一気に加速させる。