だーまんのブログ

東京大学を経て、帰国子女にも関わらずドメスティックな不動産業界へ。人生で大切なことは全て本と映画から学ぶ。複数の収入源を持ちながら、海外との二重生活を目論む20代。本や映画のこと、節約術、不動産の話、受験のコツ、自己啓発など幅広く発信していきます。

【FP2級のイチオシ!テキスト】勉強を始めるときに、失敗しないテキスト選びのコツ

これからFP2級を勉強する人に、イチオシのテキストをご紹介します。

 それがこちら⬇️

 

イラストとマンガ付きで、初心者でもすぐに理解できる内容になってます!

 

この記事は

●FP2級を“これから”勉強する人

●資格の勉強にチャレンジする人

●新しく何かを学びたいと思っている人

 に向けて書きました。

  

物事の学び方には、コツがあります。

どうせだったら、一番効率よく、手っ取り早く学びたいですよね?

勉強が苦手な人ほど、最初から“分厚くて、難しそうな”テキストを使っている印象があります。

 

●半年間大学生をやってから、再び浪人して東京大学に合格

●内定者時代に、短い勉強時間で宅建に合格

●ちゃんと勉強を始めてから、1発でFP2級に合格

 

これらの実績は、学び方のコツを学んでいたから達成できました。

これまでの経験で培ってきたノウハウを共有しますので、少しでも参考になれば嬉しいです!

 

ズバリ、これからFP2級の勉強に取り組むならまずこれだ! 

僕は、最初にこのテキストから入りました。

オススメする理由は、こちら⬇️

●マンガとイラストが多くて、初心者でも理解しやすい

●勉強が苦手な女の子キャラが登場。

→彼女が、「わからない!!!」という僕の気持ちを代弁してくれて、それに先生が答える形式になっているので、すごくわかりやすい

●最低限のことは、全て網羅されている

●分量が少ないので、すぐ読める

●言葉遣いが平易なので、読みやすい

 

しかし、当然デメリットもあります。

●最低限のことしか書いてないので、これ1冊では全てを網羅できない

 

合否を左右する、自分に合ったテキストの見つけ方

最初のテキスト選びは、とても大切です。

自分に合わないテキストを買ってしまうと、余計な勉強時間が増える上に、挫折しやすくなります。

 

しかし、本屋さんにいくと山のように参考書があります。

ネットを見ても、人によって意見はバラバラです。

 どれが良いテキストで、自分に合っているか、初心者にはわかりません。

 

そこで、コツがあります。それは、

最初は、「一番シンプルで、わかりやすい」を基準に選ぶことです。

それくらいだったら、知識がなくてもなんとなくわかるはずです。

 

そのテキストを、まず2週間から1ヶ月くらいでサーっと読みます。

その上で、過去問を解いてみます。

過去問を解いたときに、最初のテキストだけでは知識が不十分だと感じたら?

再び本屋さんに出かけて、次のテキストを選ぶのです!

 

一通り全体を学んでいるので、

●どれが自分に合っているのか?

●必要な情報が載っているのは、どのテキストなのか?

が、わかります。

 

僕は、そうやって選んだ2冊の参考書で、FP2級に合格しました。

 

東大の世界史を克服できたのも、シンプルなテキストのおかげ

 

東大受験の時も、宅建の時も、同じ方法を活用しました。

受験の時は、特に世界史が苦手でした。

教科書ではどうしても知識が入ってこなくて、このテキストを使いました。

 

入り口のハードルは、できるだけ低く!

これから新しく勉強を始める人へのアドバイス。

それは、「最初のハードルを、できるだけ低くすること」です。

そのために、優しいテキストを選ぶのです。

 

勉強が苦手と言う人ほど、最初から分厚いテキストを買ってきて、いきなり全部を理解しようとしてます。

 全てが網羅されているテキストは、確かに合理的です。

しかし、初心者がいきなり全ての知識を詰め込むのは、絶対に無理です!

挫折するに決まってます。

変な見栄を張る必要はありません。

  

人は、物事の全体像がわかると、

●あれとあれはつながっている!

●これは聞いたことがある!知ってるぞ!

と、関連付けができるようになり、学習能力が上がると言います。

 

大事なことなので、繰り返します。

入り口のハードルは、できるだけ低くすること。

 

これから何かを新しく学ぶ人は、ぜひ参考にしてみてください!

 

関連記事など

内定者時代に、宅建に受かった話です。

薄ーいテキストが、合格のきっかけをくれました⬇️ 

www.daaman-blog.com

 

参考までに、浪人時代の話を書いた記事です⬇️

www.daaman-blog.com