だーまんのブログ

平成生まれ・東大卒の不動産屋。人生の先生は本と映画。面白かった本や映画、ライフハック術、不動産のこと、受験についてなど、日々思ったことを好き勝手に書いていきます。

“だーまんのブログ"

【実践カンタン!】苦手だった自炊を、努力感0で習慣化できたシンプルな方法

料理をあんまりしてなかった人にとって、1人暮らしの自炊はなかなかハードルが高いもの。

 

「今日からは自炊するぞ!」と息込んだものの、面倒臭くて三日坊主。

ついついお弁当を買ってきたり、外食をしてしまったり。

そんな経験ある人も多いのではないでしょうか。

ぼくも、そんなことを繰り返してきました。

 

実際、自炊はいいことだらけです。

●何より、お金が浮く(一人暮らしにとって、これはかなり大きい!)

●安く、たくさんの量を食べれる

●外食やカップ麺買うより、健康的

●「自炊ができる」と言うと、なんとなくモテる気がする

 

良いとわかっているからこそ、続けたい。

だけど、面倒臭い。

 

そんな僕が、気づいたら1ヶ月も自炊を続けています。

 

何をしたのか?

ただ、料理しているときに「お笑いを聞いていた」だけです。

 

なぜ、お笑いを聞くことで、自炊の習慣ができたのでしょうか。

 

自分でも意外だったので、実体験をもとにこの記事を書きました。

自炊の習慣を作りたいと思っている人は、参考にしてみてください!

 

続くかどうかは、結局「やりたい」か「やりたくない」かだ 

この1ヶ月を振り返って、気づきました。

自炊が続いているのは、「自炊=楽しい」ということをインプットできたからです。

 

「楽しい」と感じないことを続けるのは、なかなかに苦痛です。

そのため、自分なりに「自炊する」という行為を楽しむ方法を見つけてしまえばいいのです。

 

しかし、料理が特段好きでもない僕にとって、料理はただの作業。

洗濯や掃除と同じレベルです。

料理そのものには、なかなか面白さを見出せませんでした。

  

脳の勘違いを利用して、「自炊=楽しい」と思わせる!

では、なぜ今回「自炊=楽しい」と思えるようになったのか?

それは、気づかないうちに脳の勘違いを利用していたからです。

 

やっていたことは、「自炊するときにお笑いを聞く」ということだけ。

 

最初は、ただ料理するのは時間がもったいないので、何か聞こうと思ってyoutubeで聞いていただけです。

 

しかし、あるとき気づきました。

自炊の時間を、楽しみにしている自分がいたのです。

 

それはなぜか?

●お笑いを聞く=楽しい

●自炊の時間=お笑いを聞く

 

これを続けていくうちに、

「自炊の時間=お笑いを聞く=楽しい」

という方程式が、勝手に出来上がっていたのです!

 

あんなに面倒くさいと思っていた自炊の時間を、楽しみにしている自分がいたときに、自分で自分にびっくりしました。

 

脳のか勘違いは、どんな分野にも応用できる!

脳の勘違いを利用して、いつの間にか「自炊する習慣」が作れてました。

 

しかし、これって他の分野でも応用ができますよね!

というより、今までもやっていたことでした。

 

苦手だと思っている行為に、自分が好きなことをくっつける。

 たとえば、

●勉強するときに、好きな音楽を聞く

●ダイエットの運動するときに、テンションの上がる曲を聴く

 

意外と、脳は簡単に騙せます。

それを示す、こんな実験があります。

 

生徒に、鉛筆をくわながら本を読んでもらいます。

そのとき、鉛筆を

●「いー」の口をして、横にくわえたとき

●「うー」の口をして、縦にくわえたとき

 

⏩「いー」の口で本を読んだ時のほうが、本を楽しいと感じるそうです。

 

それはなぜか? 

「いー」という表情をするとき、口角が上がります。

 

本を読んでいて、口角が上がる⏩「これは楽しいんだな!」

と、脳が勘違いをするからだそうです。

 

自炊の習慣を作るには、「お笑い」を流すこと

まとめます。

 

料理の時間にお笑いを流すだけで、努力感なしで自炊の習慣ができました。

それは、「お笑いを聞く=楽しい=自炊をする」という方程式ができたからです。

 

これは、お笑いでなくてもいいのです。

それを聞いていると笑えてくる、楽しい、そう感じれるものでいいのです。

 

脳は、意外と簡単に騙せます。

この方法は、苦手だと思っている他のことにも、応用ができます!

 

ぜひ、自炊を習慣にしたい人は、試してみてください。

いつの間にか、その時間が楽しみになっている自分に驚くはずです。

 

関連記事

結局、全てはモチベーションです。

モチベーションについて、科学的に解説している本について書いた記事です。

もう一歩、具体的な方法を知りたい方は、こちらも参考にしてみてください! 

www.daaman-blog.com