だーまんのブログ

東京大学を経て、帰国子女にも関わらずドメスティックな不動産業界へ。人生で大切なことは全て本と映画から学ぶ。複数の収入源を持ちながら、海外との二重生活を目論む20代。本や映画のこと、節約術、不動産の話、受験のコツ、自己啓発など幅広く発信していきます。

【あらすじ&ややネタバレ】『豆の上で眠る』湊かなえ/帰ってきた姉は、果たして本物なのか?

湊かなえさんの『豆の上で眠る』を読みました!

 

失踪した姉が、2年後突然帰ってきました。

しかし、帰ってきた姉に対して、妹は違和感を感じます。

「お姉ちゃん、あなたは本物なの?」

 

姉妹とは?家族とは?血の繋がりとは?

そんなことを考えさせられる1冊です。

 

『豆の上で眠る』って、どんな物語?

主人公・結衣子(ゆいこ)が小学1年生の時。

二つ上の姉・万佑子(まゆこ)が突然失踪します。

犯人からの連絡もなく、わずかな手がかりを元に探し回りますが、何一つ事件解決の糸口は見つかりません。

 

そんな矢先、突然、失踪した姉が帰ってきました。

2年振りの再会を果たす姉妹!

しかし、姉を見た妹・結衣子は違和感を隠しきれません。

それを口にした目の前にいる女の子が誰なのか、私に判断することができなかった。

戻ってきたのは、本当にかつて仲の良かった姉なのだろうか?

 

小さな違和感をぬぐいきれない結衣子。

そして、彼女はついに悲しい真実を知ることになります・・・

 

姉の正体、そして失踪の真実とは・・?

2年間の時を経て、突然戻ってきた姉・万佑子。

心から嬉しいはずの出来事だが、結衣子は違和感を隠しきれません。

 

不審な点は、いくつもありました。

●大怪我をしたときの傷跡が、なぜか消えている・・・

●二人が大好きだった絵本について、昔の姉なら“絶対に言わないような”感想を口にした

●正しく使えていたはずのお箸の持ち方が、下手になっている

 

そんな姉に向かって、妹はハッキリと問います。

ーー誰なの? 

 

しかし、姉が彼らの家族であることは、科学が証明しました。

●DNA鑑定の結果、両親の子供である可能性が高いと判定が出た

●幼い頃の母親にそっくりである

●姉と自分、2人しか知らない秘密を知っている

 

科学が証明してしまった以上、事実を受け入れるしかありません。

しかし、それでもやっぱり違和感は残ります。

 

帰ってきた姉の本当の正体は?

変なのは、いつまでも疑っている自分なのだろうか?

 

ラストで明かされる衝撃の真実は、悲しくも切ないものでした。

 

母親と、結衣子の愛情のすれ違い・・・

この物語は、

●姉の失踪から帰還までが4章

●姉が戻ってきてからが2章

 という構成になってます。

 

つまり、姉が帰ってきてからよりも、失踪した姉を探すパートの方が物語としては分量があります。

姉の正体を探ることよりも、むしろ姉を探す過程の方が本編なのかも知れません。

 

この前半パートは、湊かなえさん得意の「愛情のすれ違い」が大きなテーマになっています。

 

母親は、どうやら姉・万佑子のほうが好きだということに、妹・結衣子は気づきます。

服も、姉に似合うものばっかり買ってきます。

 

姉とは、容姿、性格、何もかも違う自分に対して、結衣子は思います。

私は本当はこの家の子供ではないんじゃないか。

 

「もし失踪したのが自分だったら、母親は同じように悲しんでくれただろうか?」

そんな悲しい思いを抱えた結衣子。

母親の期待に応えたいという思いもあり、結衣子は自分を殺して母の無理難題にも明るく協力します。

その姿が、切なくも応援したくなってしまいます。 

 

湊かなえさんの多くの作品では、「愛情のすれ違い」が大きなテーマになっています。

●『母性』では、マザコンの母親と、その母の愛を欲する娘

●『夜行観覧車』では、子供への過度な期待を持った親と、自分を素直に見て欲しい子供

 

人間は、誰かに認めてもらいたい生き物です。

親、友達、恋人、先輩、上司・・・誰しも、誰かに認められたいという思いを抱えてます。 

 

だからこそ、主人公・結衣子の姿は、「認められたい!」という我々の本能をくすぐります。

親にまっすぐ愛されたいという、主人公の気持ちに共感してしまうのです。

 

姉妹って、何だろう?家族って、何だろう?

 タイトルの『豆の上で眠る』

これは、童謡『エンドウ豆の上に寝たお姫さま』からきています。

 

何重にも重なった布団の下に、エンドウ豆をおきます。

布団の上で寝たときに、そのエンドウ豆の違和感を感じることができるのが、本物のお姫様だというお話です。

 

この物語では、その違和感を感じるのが主人公の結衣子です。

 つまり、彼女だけが本物なのでしょうか?それとも・・・

 

最後の結末は、とても考えさせられます。

姉妹とは。家族とは。

ぜひ、みなさんも読んでみてください!

 

関連記事など

湊かなえさんの他の著作についての記事一覧です。

 

「入試をぶっつぶす!」1つの張り紙から始まる不可解な事件の連続⬇️

www.daaman-blog.com

 

母を愛するあまり、母親になりきれなかった悲しくも恐ろしい親子の物語です⬇️

www.daaman-blog.com

 

一夏に成長する少女たちと、その裏に隠された衝撃の真実⬇️

www.daaman-blog.com

 

イメージと偏見という、現代社会の闇を描いた作品です⬇️

www.daaman-blog.com

 

ラスト2行が衝撃の『リバース』⬇️ 

www.daaman-blog.com

 

教育に対する、親の過剰な期待が痛々しい作品⬇️

www.daaman-blog.com