だーまんのブログ

東京大学を経て、帰国子女にも関わらずドメスティックな不動産業界へ。人生で大切なことは全て本と映画から学ぶ。複数の収入源を持ちながら、海外との二重生活を目論む20代。本や映画のこと、節約術、不動産の話、受験のコツ、自己啓発など幅広く発信していきます。

僕が“名画座”に行く理由。たまたま観た作品の中に、人生を変える1本がある

f:id:yuhom:20180529234409j:plain

映画を観るなら、ぜひ一度は名画座に行ってみてください。

名画座では、ロードショーが終わった作品を2本1300円くらいで観れます。

 

お金のない学生の頃は、ほぼ毎週のように通っていました。 

DVDでしか観たことのなかった名作を、初めてスクリーンで観た時の感動。

ついでに観た映画が、人生の1本になった驚き。

名画座は、そんな体験ができる場所です。

 

この記事は、

●映画を観たいけど、特に何を観に行くか決まってない

●名画座って聞いたことあるけど、実際どうなの?

●いま流行りの映画だけでなく、少し古い映画を観てみたい

という人に向けて書きました。

 

名画座には、予期せぬ出会いや感動があります。

ネットやテレビで気軽に映画を観れる時代に、僕があえて名画座に行く理由について書きました。

 

そもそも名画座とは?

名画座は、過去の映画を低価格で観れる劇場です。

2本立てで1000円〜1500円が相場です。

 

都内にもたくさんあります。 

有名どころをいくつか挙げると、

●早稲田大学の近くにある早稲田松竹

●池袋にあり、オールナイト上映をよくやっている新文芸坐

●一般料金でも500円で映画が観れる国立映画アーカイブ

(旧:東京国立近代美術館フィルムセンター)

●渋谷にある、邦画を中心としたシネマヴェーラ渋谷

 などがあります。

 

何より低価格で観れる! 

名画座のいいところは、第一に低価格であること。

普通の映画1本と同じ値段で、2本も観れます。

また、 その日のラスト1本は1000円以下で観れる名画座が多いです。

そのため、仕事帰りにフラッと寄ることもあります。

 

日本で唯一の、国立映画専門機関である国立映画アーカイブという映画館は、一般料金で500円程度。

東京大学の学生はフィルムメンバーズということで、当時は無料で観れました。

 

過去の名作をスクリーンで!

過去の名作をスクリーンで観れることも、名画座の素晴らしいところです。

 

名画座に出会うまで、昔の映画を観る方法はDVDやネットしかありませんでした。 

しかし、映画はスクリーンで観るのが一番です。

映像や音響の迫力が全然違います。

何より、2時間他の全てをシャットアウトして、映画の世界に没頭できます。

 

過去の名作を朝の10時から上映する『午前十時の映画祭』が、今年で第9回目を迎えました。

名作をスクリーンで観たいと望む、多くの映画ファンの支持があったからでしょう。

 

映画館のこだわり作品に出会える!

普通の映画館は、どこに行ってもだいたい同じような作品を上映しています。

しかし、名画座は違います。

映画館がこだわって選んだものを上映するので、カラーが全く違います。

だからこそ、自分が知らない作品でも、アタリの作品に出会える可能性が高いです。

 

こだわりやテーマは、その時々によってバラバラです。

ある名俳優の作品を上映することもあれば、女の友情をテーマにした時もあれば、北野武監督特集なんてのもありました。

 

思いがけない作品に出会える!

名画座の1番の醍醐味は、思いがけない名作に出会えることです。

2本立ての本命でないほうの作品が、その年のベスト5に入ったりします。

 

Amazonはとても便利ですが、僕が本屋が好きなのも同じ理由です。

買おうと思ってた本の隣に、今の自分にぴったりの本があったりします。

予期せぬ出会いがあるのです。

 

●その名画座のセンスが好きだから、知らない映画でも試しに観に行ってみる。

●2本立てだったので、たまたまオマケで観た。

●時間ができたので、暇つぶしに足を運んでみた。

名画座には、そんな映画との出会い方があります。

 

これまでの自分だったら選ばなかったような作品の中に、人生を変える作品があったりするのです。

 

名画座で“人生の1本”に出会う

f:id:yuhom:20180529235818j:plain

DVDやネットで気軽に映画が観れてしまう時代だからこそ、僕はあえて名画座に行きます。

予定調和の毎日の中で、予期せぬ出会いに胸を膨らませています。

 

当然、ハズレの日もあります。

逆に、びっくりするくらい感動する作品に出会えることもあります。

全部ひっくるめて、経験です。

名画座は、そういったドキドキを与えてくれます。

 

自分の知らない世界が、人生の幅を広げてくれます。

次の週末は、ぜひ名画座に足を運んでみてください。

もしかしたら、あなたの“人生の1本”に出会えるかもしれません。

 

関連記事など

先日、早稲田松竹で観た映画について書きました。

時間が空いてたまたま観た作品ですが、スタンディングオベーションしたくなるくらい大当たりでした⬇️

www.daaman-blog.com

 

名画座の存在を教えてくれたのは、この本でした⬇️ 

www.daaman-blog.com