だーまんのブログ

平成生まれ・東大卒の不動産屋。人生の先生は本と映画。面白かった本や映画、ライフハック術、不動産のこと、受験についてなど、日々思ったことを好き勝手に書いていきます。

“だーまんのブログ"

山善(YAMAZEN)の1万円以下のコードレス掃除機が、想像以上にコスパが良かった件。

ずーっと買うか迷っていたコードレス掃除機を、ついに買いました!

f:id:yuhom:20180711230347j:plain

 

●掃除は好きだけど、毎回コンセントに繋ぐのが面倒くさい

●ダイソンほど高いのは手が出ないけど、かといって吸引力が弱いのはいやだ・・

 

そんなワガママな僕が行き着いたのが、こちらのコードレス掃除機。

  

想像以上にコスパが良かったので、使い心地などご紹介します。

 

掃除機をかけるハードルを下げるため、コードレスを買うことにした

もともと、コード付きの三菱の掃除機を持っていました。

吸引力も抜群、性能もよく、壊れることなく5年くらい使っています。

 

しかし、「コードをコンセントを繋ぐ」というのが大きなハードルとなり、なかなか使えずにいました。

 

人間は、手数が1つ減るだけで、物事に取り組む確率が一気に上がるそうです。

●コンセントに繋ぐ→掃除機かける

  ⏩「コードレスなので、いきなり掃除機をかける」

●お風呂をためる→お風呂に入る

  ⏩「自動お湯張り機能ですでにお湯が張ってあり、いきなりお風呂に入る」

●カバンからノートを出す→ノートを開く→日記を書く

  ⏩「すでに机の上にノートが開いてあって、いきなり日記を書く」

 

僕は綺麗好きなので、できれば掃除機は毎日かけたい。

そのために、「コードをコンセントに繋ぐ」ことを頑張るのをやめて、コードレス掃除機という文明の利器に頼ることにしました。 

 

実際に家電屋の店員に聞いてみた

ちょっとググると、たくさんの種類があってびっくりしました。

「一人暮らしの家で、最低限のゴミをちゃんと吸ってくれるコードレス掃除機」がどれか分からなかったので、実際に家電屋さんに行くことにしました。

 

店員さんに伝えた条件は、

・コードレスであること

・低コストであること(できれば1万円以内)

・最低限のゴミは吸ってくれること

要は、「一人暮らしにとって、一番コスパが良いコードレス掃除機を教えてください」と聞きました。

 

「長い目で見るとこっちのほうがいいですよ」と、ダイソンや日立の2万〜5万する掃除機を勧める言葉をスルーして、しぶとく聞き続けると、店員さんはこちらをイチオシしてくれました。  

 

開封してみた

実際に部屋に置いてみると、こんな感じ。

f:id:yuhom:20180711233309j:plain

 

横から見ても、かなりシュッとしています。

f:id:yuhom:20180711233128j:plain

  

しかも、半分に折ることもできます。

f:id:yuhom:20180711233732j:plain

 

かなり小さくまとまるので、スマートに置いておけます。

 

実際に使ってみて、よかったことろ。

早速使ってみたので、使い心地などをご紹介します。

すぐに使えるのが便利!

掃除機をかけたいと思ったら、スイッチを入れるとすぐに起動します。

朝、家を出る前にさっと。

夜、帰ってきたらさっと。

夜中、寝る前にさっと。

 

こんなに掃除機をかけられるようになるとは、まるで夢のようです。

コードの引っ掛かりを気にしなくていい!

実際に使って気づいたのですが、コード付き掃除機だとわりとコードが邪魔です。

コードが引っかからないか、いちいち気にせず掃除機をかけられるのは、想像以上にストレスレスです。

低価格にしては納得の吸引力

1万円以下だったので、心配だったのが吸引力。

確かに吸引力は落ちますが、一人暮らしの家用としては十分な性能です。

 

目についた小さなゴミくらいは、さっと掃除機かけるだけですぐに吸ってくれます。

スタイリッシュで、場所を取らない

ちゃんとしたスタンドがあるので、安定して立ってくれます。

f:id:yuhom:20180711235004j:plain

 

コンパクトに収まるだけでなく、色味もスタイリッシュなので、部屋の中に置いておいても風景に溶け込みます。

  

前の掃除機は「ザ・掃除機」という感じで、部屋の中に置いておくとそこそこ違和感がありました。

かゆいところに手が届く!小型掃除機にもなる

実はこれ、小型掃除機にもなるのです。

ここのボタンを押すと、

f:id:yuhom:20180711233948j:plain

 

この部分が外れます。

f:id:yuhom:20180711234319j:plain

 

そのまま、小型掃除機として使えます。

f:id:yuhom:20180711234400j:plain

 

この中に吸引モーターがあるので、実はこれだけの方が吸引力は上がります。

ノズルだと取れない大きいゴミも、これなら吸えます。

 

ノズルが邪魔で届かないところのゴミも、これで解決です。

 

実際に使ってみて、不満なところ。

ただし、決して万能ではありません。1万円しないなりに、不満な点もありました。

そうはいっても、吸引力は負ける

コードあり掃除機と比較すると、吸引力は落ちます。

ノズルは、こんな感じです。

f:id:yuhom:20180711233950j:plain

このローラーがゴミを拾って、それを吸い込むという仕組み。

ここに入らない大きなゴミは取れないので、小型掃除機で取るしかありません。

 

また、どうしても、あの「ギュイーン!」という強力な吸引力は望めないので、家族が多かったり、家が広かったりすると、これだけだと不満かもしれません。

こまめなフィルター清掃が必要

もう一つの欠点は、こまめなフィルター清掃が必要なことです。

これがフィルターです。

f:id:yuhom:20180711234445j:plain

 

そんなに大きくありません。

フィルターにゴミが溜まると吸引力の低下に繋がるため、5回に1回、もしくは10回に1回くらいは清掃します。

週末にまとめてやりますが、これはちょっと手間かもしれません。

 

最後に一言:毎日コツコツ掃除することで、明らかに家の中が綺麗になった!

いくつか不満は残るものの、総論「買って本当によかった!!!」というのが感想です。

 

「コードを繋ぐ」という作業のせいで、掃除機をかけること自体が週に一回あるかないかだった僕が、毎日さっと掃除機をかけています。

 

吸引力の弱さは、掃除機をかける回数で全然カバーできます。

一人暮らしなので、部屋もそんなに広くないし、家もそんなに汚れません。

「毎日掃除機をかけている」ことが、自分を気分良くさせてくれます。

実際、こまめに毎日掃除機かけることで、明らかに家の中は綺麗になりました。

 

1万円もしないコードレス掃除機のおかげで、毎日の生活がかなり豊かになりました。

コードあり掃除機を使うのが億劫になっている人は、ぜひ使ってみることをオススメします!

 

 

以上、コードレス掃除機で掃除がますます好きになっただーまん(@daaman-daaman)でした。