だーまんのブログ

平成生まれ・東大卒の不動産屋。人生の先生は本と映画。面白かった本や映画、ライフハック術、不動産のこと、受験についてなど、日々思ったことを好き勝手に書いていきます。

だーまんのブログ

なぜ中国人は英語が話せて、日本人は話せないのか?/外国語を効率よく学ぶ方法

外資系コンサル企業に転職して早数ヶ月が経ちました。 そこで気づいたのは、 社内にアジア圏、特に中国出身の人がものすごく多いということ。 当然、ここは日本の職場なので、彼らが日本語を使えるのは当たり前。 しかし、さらに驚いたのは、「彼らが普通に…

【FP2級のイチオシ!テキスト】勉強を始めるときに、失敗しないテキスト選びのコツ

これからFP2級を勉強する人に、イチオシのテキストをご紹介します。 それがこちら⬇️ 一発合格!マンガで攻略!FP技能士2級AFP 18-19年版 posted with カエレバ 前田信弘 ナツメ社 2018-05-29 Amazonで購入 楽天市場で購入 イラストとマンガ付きで、初心者で…

勉強ができる少数の子供だけがやっていること/学習能力の差は習慣の差

「勉強できる人と、できない人の違いはなんだろうか?」 誰もが一度は考えたことがある疑問に対して、1つの回答を示した動画がTEDに上がっていました。 (日本語訳付のは見つけられませんでした) What do top students do differently? | Douglas Barton |…

「どうしたら子供が勉強しますか?」と聞いてる時点でNGな話

最近、「どうしたら子供が勉強するようになりますか?」という質問をたくさん受ける。 ところで、僕自身は親から勉強を強制された記憶がない。 気づいたら、勉強が楽しくて勝手にやっていた。 どうして、僕は勝手に勉強をやっていたのだろうか。 どうすれば…

1週間の追い込み勉強で、41点で宅建に合格した経験から学んだ、新しい知識を得る時に一番大切なこと。

大学4年生の内定者の時に、”宅建”に受かった。 ぼくの大学4年生は決して暇ではなく、 秋には部活の最後の大会があり、年明けには卒論があり(しかも、英字1万字!!)、 決してゆとりの大学生活ではなかった。 大会が終わった宅建試験1週間前からの、怒涛の…

小さな成功体験の積み重ねで、いつのまにか勉強が好きになった。そして、気づいたら東大に入っていた。という話。

小さい頃は、勉強が大嫌いだった。 小学1年生の時にアメリカに行き、そこで週5は現地校、週1は日本語学校、という生活を送っていた。 その頃の記憶はあまりないが、勉強はできた方ではなかった。 あんまり勉強ができないから、親から公文に行かないかと打診…

学校英語は侮れない。問題は、その後の継続/英語の先生をしながら思うこと。

僕は帰国子女だ。 小さいときにアメリカに住んでおり、それもあって昔から英語は得意だ。 親のおかげで、帰国してからも週1程度で英会話学校に通っており、それで英語力はキープし続けて来た。 ちなみに、大学の時に受けたTOEF iBTは、スコア100弱くらい。 …

毎日本屋で1時間過ごしたことが、成功の秘訣だった〜僕の仮面浪人時代回想記〜

僕は、仮面浪人をしてる。 最初の受験では、東京大学を目指し、あと5点足りずに落ちた。 その時、滑り止めで慶応と某私大に受かっており、なんとく慶応のマンモス校具合が苦手と感じた僕は、あえて某私大進学を選んだ。 (慶応をマンモス校呼ばわりしてごめ…

自分の勉強部屋がなくても、東大に合格できた話。

自分の受験当時の話をすると、周りにとても驚かれることがある。 それは、 「自分の勉強部屋がなかった」 ということ。 僕の実家は、6人家族が普通の3LDKで生活していたので、 どう計算しても、部屋数が足りない。 なので、何の疑問もなく、リビングとかで勉…