だーまんのブログ

平成生まれ・東大卒の不動産屋。人生の先生は本と映画。面白かった本や映画、ライフハック術、不動産のこと、受験についてなど、日々思ったことを好き勝手に書いていきます。

だーまんのブログ

【レビュー】映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』4人は生きて帰ることが出来るのか?!

映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』が予想外の面白さだったので、ご紹介します!

 


映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』新予告

 

属するグループが違う4人の高校生が、「ジュマンジ」というゲームの世界に入り、力を合わせてクリアを目指すという物語。

 

映画評論家の町山智浩さんが「よくできた映画」と絶賛し、不覚にも泣いてしまったという話を聞いて、気になって観てきました。

 

1作目『ジュマンジ(1995年)』の続編として作られた本作品。

ゲームの世界に入って行くというワクワクあり、登場人物たちの成長ありと、かなり面白い映画でした。

 

それでは、映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』をご紹介していきます!

 

『ジュマンジ』のあらすじ(ネタバレなし)

かつて親友同士だったスペンサー(アレックス・ウルフ)とフリッジ(サーダリウス・ブレイン)だが、スポーツマンで人気者となったフリッジは、ゲームオタクのスペンサーをコキ使う関係に。

マーサ(モーガン・ターナー)は根暗で友人がおらず、いつも自分を卑下しています。

ペサニー(マディソン・アイゼマン)は見た目ばかりを気にするインスタ女子で、他人には全く興味がありません。

 

学校で属するグループが違う4人が、たまたま一緒に居残りすることに。

(アメリカの学校では、悪いことをすると居残りを命じられ、掃除等の仕事をさせられる)

居残り部屋で作業していると、フリッジが「ジュマンジ」というカセットが入ったゲーム機を見つけ出す。 

暇つぶしに遊ぼうとすると、4人はゲームの世界へ吸い込まれます。

 

4人はそれぞれが選んだキャラクターになって、ゲーム「ジュマンジ」の世界に入り込んでしまいます。

・ゲームオタク:スペンサーは、身体ムキムキのプロレスラーのようなブレイブストーン博士(ドウェイン・ジョンソン)

・スポーツマン:フリッジは身体が小さく、運動音痴のマウス(ケヴィン・ハート)

・根暗のマーサは、スタイル抜群のカンフー女子ルビー・ラウンドハウス(カレン・ギラン)

・インスタ女子:ペサニーは、小太り中年のシェリー教授(ジャック・ブラック)

 

現実世界とは真逆のキャラクターになった4人は、戸惑いながらも力を合わせて、ゲームクリアを目指して戦っていく・・・ 

 

率直な感想やレビュー(※ネタバレ含む)

ここからは、映画を観て率直に感じたことを書いていきます!

多少のネタバレは含みますので、まだ観ていない人はご注意ください。

「自分がゲームの世界に入ったら・・?」という設定が子供心をくすぐる!

子供の頃、「もしもゲームの世界に入ることができたら・・」 という妄想、したことありますよね?

僕の子供の頃だと、スーパーマリオ、ドンキーコング、ストリートファイターなどなど。

この映画は、「ゲームのキャラになって、ゲームの中で遊んでみたい」という妄想を叶えてくます。

 

また、舞台はゲームの世界なので「何でもアリ」です。 

死んでしまってもライフが残っていれば生き返るし、超人的なカンフー技も炸裂します。

「いくら何でもやりすぎだろ!」という出来事が連続しますが、ゲームの世界なので納得です。

それと同時に、「ゲームをクリアーできないと存在が消えてしまう」というリアリティさがあり、そのバランスが絶妙です。

真逆のキャラになった4人の戸惑いが笑える!

『ジュマンジ』のゲームをプレイする時、4人は名前だけでキャラを選択します。

そのため、ゲームの中では予期せぬキャラになってしまします。

 その戸惑いっぷりがとにかく面白い。

 

ゲームオタクのスペンサーは、プロレスラーみたいに身体が大きなキャラ(実際に役者さんは元プロレスラー)になります。

しかし、心は小心男のままです。

デカい図体しながら、「僕にはそんなことできないよ・・」などと、見た目に似合わない弱音を吐きます。

 

スポーツマンだったフリッジは、運動音痴な小男になります。

手下のように扱っていたスペンサーに、喧嘩ではあっさり負けてしまう。

まるで、のび太とジャイアンの中身だけが入れ替わったような状態です。

 

内気なマーサは、イケイケホットパンツ美女になります。

スタイル良いのに、ヘソ出し・腕出しのセクシーな格好が恥ずかしい。

物語の途中、シェリー教授(中身は美女ペサニー)に男を誘惑する方法を学ぶシーンがあります。

そのぎこちなさが面白い。

セクシーなはずの歩き方が、まるで足を痛めて歩いているよう。

髪をかきあげる仕草も、髪についたゴミを取ろうとしているかのよう。

 

美女のペサニーは、中年の小太り男になってしまいます。

見た目しか関心のなかった彼女は、その容姿にショックを受け、ゲーム開始早々絶望します。

また、用の足し方もわからないため、男性陣に聞くところも笑えます。

「自分とは違う人になる」ことで成長する4人の物語

この映画の中心となるのは、ゲームのクリアーに加えて、4人の成長です。

 

町山智浩さんの解説の中で出ていたのですが、同じような設定で作られた『ブレックファースト・クラブ(1985年)』という名作映画があるそうです。


80's Trailers - "The Breakfast Club" (1985)

 

この映画でも、グループが全く違う4人の高校生が一緒に居残りとなります。

そこではじめて会話をする中で、互いのことを徐々に知っていきます。

そして、それまで想像すらしなかった相手の立場や気持ちを、少しずつ理解しあっていくという物語だそうです。

 

アメリカの学校には、クラスという概念がありません。

先生の教室に行って授業を受けるという、大学のようなスタイル。

そのため、日本の学校以上に、グループが異なる生徒同士の関わりがありません。

(日本だとクラス単位の行事があったりするので、まだ接点があります)

 

そういった背景があるからこそ、余計にこの作品はヒットしたのかもしれません。

 

他人の思いや考えは、相手の立場になってはじめて分かる部分が多いです。

ましてや、バカにしていた相手の立場なんて、自分も同じ立場にならないとわからないものです。

 

・スペンサーは、オタクであることを理由に殻にこもっていましたが、勇気を出すことを学びます

・ファッジは、運動音痴の小男になることで、弱い立場の人の気持ちを学びます

・マーサは、自分に自信を持って、堂々と行動することを学びます

・ペサニーは、他人を思いやることを学びます

 

中でも、他人に興味ナシだったペサニーの変化は感動的です。

物語の途中、ゲームの世界に20年閉じ込められていたアレックスに出会います。

外見だけでなく、生き方がカッコいい彼に、密かな恋心を抱く彼女。

弱点をつかれ、アレックスのライフが無くなりかけた時、彼女が自分のライフを差し出して助けます。

可愛くてチヤホヤされてきて、他人への思いやりがなかった彼女。

その彼女が、はじめて誰かのために取った行動です。

不覚にも、泣いてしまいました。

 

ペサニーの話には、後日談があります。

無事にゲームをクリアーし、現実世界に戻った彼らは、アレックスの元を尋ねます。

結婚して子供がいた彼は、生まれてきた娘にペサニーという名前をつけていました。

アレックスに恋心を抱いていたペサニーは、アレックスがの結婚は少しショックだったかもしれません。

しかし、「娘にペサニーと名前をつけた」というアレックスの言葉を聞いた彼女は、今まで見せたことのない嬉しそうな顔をしていました。

 

「他人の立場に立つことで、人の気持ちがわかるようになる」

映画を通して見る4人の成長は、大事なメッセージを伝えてくれます。

 

『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』を観ようか迷っている人へ!

町山さんの解説を聞くまでは、子供向けの映画だと思っていた本作品。

全然違いました。

子供が観ても楽しい作品ですが、大人に向けたメッセージも込められています。

 

映画の醍醐味は、他人の人生を疑似体験できること。

自分ではない誰かの人生を体験することで、想像力が広がり、人生の豊かさが増します。 

まさに、それを体現した作品でした。

 

ドキドキワクワクするエンターテイメントの中に、深いメッセージが込められています。

4人の成長を観ながら、自分自身を省みました。

そして、「誰かに優しくしよう」と思える作品でした。

 

ワクワクするエンターテイメント要素だけでなく、成長と感動がある作品を観たい人には、オススメの1本です!

 

併せて読みたい!

www.daaman-blog.com

 

www.daaman-blog.com