だーまんのブログ

平成生まれ・東大卒の不動産屋。人生の先生は本と映画。面白かった本や映画、ライフハック術、不動産のこと、受験についてなど、日々思ったことを好き勝手に書いていきます。

だーまんのブログ

東大を目指したきっかけは、身近な同級生の一言だった/意志ではなく、環境が人を変える

東大を目指したきっかけは、高校の同級生の一言でした。

「俺、東大目指すわ。」

 

たったそれだけです。

彼のその言葉で、それまで雲の上にあった東大という存在が、

「あ、東大って、目指していいんだ。」

と、一気に身近なものに変わりました。

 

●不可能と言われていた「1500メートル4分の壁」は、たった1人、ロジャー・バニスターが記録を破ったことで、次々と破る人が出てきました。

●「メジャーリーグで日本人は活躍できない」と思われていましたが、たった1人、野茂英雄が挑戦したことで、その後たくさんの選手が続いていきました。

 

同じように、身近な友人の一言が、僕のメンタルブロックを壊してくれたのです。

 

「自分にはできない」 と思うことを、成し遂げるのはなかなか難しいです。

しかし、みんな自転車に乗れるように、「できることが当たり前」の環境に入ることで、一気に手が届くようになります。

 

この記事は、

●東大を目指している人

●何かにチャレンジしている人

●子供を東大に行かせたいと思っている人

 に向けて書きました。

ぜひ、参考にしてみてください!  

 

知らないもの・興味の外のものは目指せない

f:id:yuhom:20180530224843j:plain

人は、自分が知らないものは目指せません。

ニューヨークを知らない人に、「ニューヨーク行こうよ」と言っても、「なんの話?」となります。

 

「自分には関係がない」と思っているものも、同じく目指せません。

趣味でボクシングを習っている人に、「来年世界チャンピオン目指そうよ」と言っても、全く実感がわきません。

 

ニューヨークに行きたいのは、ニューヨークを知っている人。

世界チャンピオンを目指したいのは、自分はなれると思っている人。

 

存在こそ知っているものの、東大は僕の世界の外にありました。

同級生の一言で、東大が視界の中に入ってきたのです。

 

環境が、 自分も「目指していい」と思わせてくれた

ありがたいことに、その同級生は僕より成績が悪かったのです。

「彼が東大を目指すなら、僕も目指していいのだ」と、単純に思えました。

 

ロジャー・バニスターが、4分を切ったように。

野茂英雄が、メジャーリーグに行ったように。

僕より成績の悪かった彼の言葉が、僕のメンタルブロックを外してくれました。

 

進学校に通っていたのも、幸いしました。

同じ学校に、東大を目指す友達がたくさんいました。

彼らのおかげで、東大を狙うことは特別なことではなく、ごくごく「普通のこと」になったのです。

  

当たり前の基準を変えること

f:id:yuhom:20180530225117j:plain

東大を目指してから、勉強は毎日10時間くらいしていました。

それを聞いて、驚かれることが多いです。

 

しかし、当時の僕らにとって、それは当たり前でした。

周りの友達は、みんなそれくらいやっていたのです。

東大を目指すのはそういうことだと思って、淡々とやっていました。 

 

目指すところによって、練習量は変わります。

市民大会優勝を目指すチーム。

都大会を目指すチーム。

全国大会を目指すチーム。

全国大会優勝を目指すチーム。

世界を目指すチーム。

 

みんな同じように頑張ってますが、「頑張る」の基準値が違うのです。

 

意思が弱かったからこそ、環境に飛び込んだ

1年目、僕はあと5点で落ちました。

再挑戦すると決めた時、僕は迷わず予備校に通うことにしました。

 

もちろん、勉強をするためでもありますが、1番の目的は環境でした。

意思が弱いので、目指す人の環境にいないと、続かないとわかっていました。

 

一番大事なことは、目指している人の環境に入ることです。

 

結論:意志を磨くより、環境の力を借りること

f:id:yuhom:20180530225331j:plain

 

最後に、偉人の言葉を2つほど紹介します。

 

リクルート創業者の江副さんの言葉。

自ら機会を作り、機会によって自らを変えよ。

 

経営コンサルタントの大前研一さんの言葉。

人間が変わる方法は、3つしかない。

1番目は時間配分を変えること、

2番目は住む場所を変えること、

3番目はつきあう人を変えることだ。

最も無意味なのは、“決意を新たにすること”だ。

  

僕は、意思が弱いです。

しかし、雲の上の存在であった東大を目指すことができました。

受験という、長期戦を乗り越えることもできました。

すべて、「東大を目指すのは普通だ」と思わせてくれた環境にいたからです。

 

目指したいところがある人は、目指している環境に入ることが1番の近道です。

世界チャンピオンを目指しているのに、趣味でボクシングをやっている人とつるんでいては近づけません。

意志の力でどうにかできるのは、本当に一握りの人です。

 

何かを目指している人は、ぜひ環境に飛び込んでみてください!

 

関連記事など

大学の実験を基にした、モチベーション維持の方法について⬇️

www.daaman-blog.com

 

勉強できる子だけがやっていた習慣があります。

それを取り入れていたので、辛い浪人生活を乗り切ることができました⬇️

www.daaman-blog.com

 

 浪人時代、毎日1時間を本屋で過ごしてました。

その1時間が、浪人時代を乗り切る鍵でした⬇️

www.daaman-blog.com

 

 僕が、勉強ができるようになったきっかけについて書きました⬇️

www.daaman-blog.com