だーまんのブログ

平成生まれ・東大卒の不動産屋。人生の先生は本と映画。面白かった本や映画、ライフハック術、不動産のこと、受験についてなど、日々思ったことを好き勝手に書いていきます。

だーまんのブログ

名作ドラマ『最後から2番目の恋』/「寂しくない大人なんているのだろうか?」

人が歳をとって大人になるって、どうしてこう切ないんでしょうね。

寂しくない大人なんているのだろうか。

 

たまたまオススメしてもらって観たドラマ。

『最後から2番目の恋』

 

と、その続編。 

『続・最後から2番目の恋』

舞台は鎌倉。

主人公は、お互い50歳近くの二人。

早くに両親を亡くし、兄弟4人の父親代りをつとめてきた長男である長倉和平。

 奥さんとも死別し、一人娘と兄弟と一緒に暮らしている。

公務員であり、その通り、真面目で誠実でな性格の持ち主。

 

そして、敏腕テレビプロデューサーであり、これまで独身で走って来たキャリアウーマン、吉野千明。一人身で自由奔放な性格。

都内での生活に疲れて、古都でゆっくりという生活に憧れ、たまたま長倉家の隣に引っ越してくる。

性格も境遇も真逆な二人が、千明の引越しを機に少しずつ交流していくようになり。

そんなところから始まる物語。

 

あらすじだけみると、そんなに惹きつけられないが・・・・

初回から、もうドラマの世界観にハマってしまった。

 

 

かくゆう僕も、今は28歳。

10代のときは、20代なんてまだまだ先のことだと思っていたし、

間も無く30代を迎える自分にとって、それ以後の世界はまだまだ未知数だ。

そして、それは主人公の二人も変わらず。

 

20代の自分は、まさか今のような40代、50代を送っているとは想像もつかず。

 

人が大人になるっていうことは、それだけ多くの選択をしてきたということだ。何かを選ぶということは、その分何かを失うということだ。

 

歳を重ねるっていうことは、いろんなことがわかってくるし、迷わなくなるし、自分の感情のコントロールとかも上手くなるし、物事の道理とかもわかってくるし。

もっと、「大人になる」ってことだと思っていた。

 

だけど、現実はそんなに簡単ではなくて。

選択をしてきた分、捨ててきた選択もたくさんあるわけで。 

 

ちゃんと「寂しい」し、「迷う」し、「どうすればいいのかわからない」ことだって増えていくし。

だけど、確かに積み重ねてきたものはちゃんとあって。

 

そんな、等身大の大人の物語。

決して歳を重ねたからといって、思っているような「大人」 になれるわけでもなく。

見かけだけ「大人」になるからといって、人はいつだって一生懸命に生きているし、みんな、不器用ながら、迷いながらも、未来を信じて生きているのだな、と思わせてくれた。

 

「大人」になるのも悪くないなって、そう思わせてくれた作品です。