だーまんのブログ

平成生まれ・東大卒の元不動産屋→現・外資コンサル。人生の先生は本と映画。面白かった本や映画、仕事について、など日々思ったことを好き勝手に書いていきます。

だーまんのブログ

【書評】『マリアビートル』著:伊坂幸太郎/究極の悪と戦う物語

5年ぶりくらいに、伊坂幸太郎さんの小説を読みました。 昔はかなりの大ファンで、デビュー作の『オーデュボンの祈り』に始まり、ほぼ全ての小説を読んでいました。 しかし、『あるキング』『SOSの猿』あたりからなんとなく作風が変わったように感じ、面白さ…

ドラマ『最高の離婚』で最高に涙した話

たまたま観たフジテレビドラマ『最高の離婚』が、予期せず最高だったのでちょっと記事にします。 『最高の離婚』はどんなドラマか? 『最高の離婚』のここが最高 「離婚」という重たい話題をコミカルに とにかく瑛太と尾野真千子が凄すぎる! 結局二人はどー…

【書評】『ひとりでは生きられないのも芸のうち』内田樹/天職・働き方について考える

「好きなことを仕事にして、生きていく」 ツイッターを見てると、こういう言葉を見ない日はありません。 書店に行っても、「大好きなことをして成功しよう!」みたいな本のオンパレード。 もちろん、「好きなことを仕事にする」のは大賛成です。 「好きこそ…

【書評】『会計士は見た!』前川修満/素人でも決算書から企業分析が出来る!

「企業分析をするには、必読の1冊!」 そう友人に勧められて、『会計士は見た!』という本を読みました。 会計士は見た! posted with ヨメレバ 前川 修満 文藝春秋 2015-11-20 Amazonで探す Kindleで探す 楽天ブックスで探す 著者は、会計士・税理士である前…

【考察】ドラマ『anego』と『ラストシンデレラ』から日本社会の変化を見る

2005年作『anego』と、2013年作『ラストシンデレラ』 2作品ともに、婚期を逃した女性ヒロインが、恋に仕事に奔走する物語。 主演はどちらも篠原涼子。 物語や設定に多くの共通点があるこの2作品ですが、明確に異なる点がいくつかあります。 この違いから、作…

【感想】ドラマ『ラストシンデレラ』が想定外に面白い!!

2013年放送のフジテレビドラマ『ラストシンデレラ』を観ました! ラスト・シンデレラ DVD-BOX posted with カエレバ 篠原涼子 ポニーキャニオン 2013-10-02 Amazonで探す 楽天市場で探す ドラマはそもそもあまり観ない僕ですが、この作品は想定外に面白かっ…

【書評】『軽くなる生き方』松浦弥太郎/人生の棚卸しをしたい時に

『暮らしの手帖』編集長の松浦弥太郎さん。 高校を中退後、一人アメリカへ旅立ち、そこで出会った本をフリーマーケットで売りながら、物書きになり、その後『暮らしの手帖』編集長になるという異色の経歴の人物です。 一見自由な生き方をしている彼の『軽く…

【書評】『疲れすぎて眠れぬ夜のために』内田樹

いろんなことがうまくいかなくて、疲れすぎて眠れない夜。 そんな時に、読んでほしい1冊です。 疲れすぎて眠れぬ夜のために (角川文庫) posted with ヨメレバ 内田 樹 角川書店 2007-09-25 Amazonで探す Kindleで探す 楽天ブックスで探す 巷に溢れる成功本。…

【批評・解説】『search/サーチ』失踪した娘を探す父が、ネット上で見た彼女の本当の姿とは・・・

上映中の映画『search/サーチ(Searching)』を観てきました! 映画『search/サーチ』予告(10月26日公開) 失踪した娘を探すため、彼女のSNSを通して手がかりを探す父親でしたが、 ネットの中にいたのは、父親が全く知らない彼女でした・・・ 映画全編がP…

【書評・解説】『コーポレート・ファイナンス 実務の教科書』実践で使いこなすための1冊

企業経営において、今や欠かせない「ファイナンス」の知識。 先日、その入門書となる1冊をご紹介しました。 こちらの1冊で、「ファイナンスの基本のキ」が分かりました。 次のステップとして、もう少し実務につながる、突っ込んだ内容を学べる1冊を探してい…

なぜ中国人は英語が話せて、日本人は話せないのか?/外国語を効率よく学ぶ方法

外資系コンサル企業に転職して早数ヶ月が経ちました。 そこで気づいたのは、 社内にアジア圏、特に中国出身の人がものすごく多いということ。 当然、ここは日本の職場なので、彼らが日本語を使えるのは当たり前。 しかし、さらに驚いたのは、「彼らが普通に…

【解説・感想】『パッドマン 5億人の女性を救った男』実話に基づく感動の物語(ネタバレなし!)

アメリカにはスーパーマンがいる、スパイダーマンがいる、バットマンがいる。 インドには、パッドマンがいる! (映画『パッドマン』より 筆者訳) こんな印象的な言葉が気になって、東京国際映画祭で『パッドマン 5億人の女性を救った男』を観てきました! …

【書評・解説】『ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務』石野雄一

「ファイナンスって一体何のこと?」 「どこから勉強していけばいいの?」 そんな人に、ファイナンスのイロハを学ぶために最適の1冊をご紹介します。 ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 (光文社新書) posted with ヨメレバ 石野 雄一 …

【解説レビュー】映画『灰とダイヤモンド』体制に抵抗する若者の、苦悩と葛藤を描いた作品

午前十時の映画祭で、『灰とダイヤモンド』を観てきました! www.youtube.com ドイツ軍が降伏した1945年5月8日。 その日の、ポーランドでの1日を描いた作品です。 ドイツ支配下から逃れたものの、その後、共産主義の支配下に置かれることとなったポーランド…

【書評・解説】『財務3表実践活用法』経営者の視点が身につく1冊!

『財務3表〜』シリーズ3作目、『財務3表実践活用法』をご紹介します。 「会計の素人でも、会計が分かるようになる!」がコンセプトの本シリーズ。 かくいう著者自身も、元々は会計素人だったのです(会計士でもありません) 1作目『財務3表一体理解法』では…

【書評】『財務3表図解分析法』素人でも、財務諸表分析が出来るようになる!

『財務3表図解分析法』を読みました! 本書は、あのベストセラー『財務3表一体理解法』の続編にあたる1冊。 ちなみに、前作についての書評はこちら⬇︎ www.daaman-blog.com 1作目は、会計に触れたことのない初心者でも、財務3表が読めるようになるために書か…

【解説レビュー】映画『エレファントマン』畸形男の半生を描いた感動作!

アカデミー賞8部門にノミネートされた、映画『エレファント・マン』を観ました! エレファントマン The Elephant Man 1980 畸形の青年「ジョゼフ・メリック」 19世紀のイギリスに実在した、彼の半生を描いた作品。 奇才デヴィッド・リンチが監督し、アカデミ…

【書評】『四季報で学ぶ決算書の読み方』これで四季報が読めるようになる!

四季報は、情報の宝庫。 あの1冊で、上場企業の会社状況がわかるようになります。 しかし、初心者からすると、まとまりすぎていて一見ちょっと分かりにくいです。 そんな人に向けて、初心者でも四季報が読めるようになる入門書がこちら。 四季報で学ぶ決算書…

【解説レビュー】映画『イレイザーヘッド』の意味とは?/デヴィッド・リンチの最高傑作

『エレファント・マン』や『ツインピークス』で有名なデヴィッド・リンチ。 彼の長編デビュー作にして、最高傑作との名高い『イレイザーヘッド』を観ました! youtube:映画「イレイザーヘッド」日本版劇場予告 早稲田松竹開催の、デヴィッド・リンチ特集で観…

【書評】町山智浩『〈映画の見方〉がわかる本 ブレードランナーの未来世紀』

「あの有名映画の本当の意味は?」 「分からなかった映画のあのシーンは、何を意図していたのか?」 映画は、ただ観るだけでも十分楽しいです。 しかし、作品が作られた過程、当時の社会への影響など、 その背景を知れば、面白さは何倍にもなります。 そんな…

【書評】『外資系金融のExcel作成術』世界基準のエクセル術が身につく実践書

超実践的なExcel本と出会いました。 モルガン・スタンレーなどの、 外資系金融企業の現場で使われているExcel術を学べる本がこちら。 外資系金融のExcel作成術: 表の見せ方&財務モデルの組み方 posted with ヨメレバ 慎泰俊 東洋経済新報社 2014-04-04 Amazo…

【書評】『財務3表一体理解法』PL/BS/CFが簡単にわかる!初心者に最適な1冊

・会計の全体像を掴みたい! ・「財務3表=PL/BS/CF」を学びたいけど、何から手をつけていいのか分からない・・・ そんな人に、ぜひオススメしたい本がこちら。 【増補改訂】 財務3表一体理解法 (朝日新書) posted with ヨメレバ 國貞克則 朝日新聞出版 2016…

【レビュー解説】映画『セブン』七つの大罪をモチーフにした連続殺人の行方

キリスト教の「七つの大罪」に沿って行われる連続殺人。 猟奇的殺人犯と、犯人を追う刑事の戦いを描いた作品『セブン』を観ました! www.youtube.com ラストが衝撃な作品と聞いて観ましたが、 映画全編を通して、驚きっぱなしの作品でした。 「七つの大罪に…

【レビュー】『プラトーン』ベトナム戦争のリアルを描いたアカデミー賞作品

午前十時の映画祭で『プラトーン』を観てきました! www.youtube.com 第59回アカデミー賞作品賞を受賞。 監督オリバー・ストーン自身の、ベトナム戦争の従軍体験を基にしています。 戦争のリアルを追求した作品。 そのため、よくある映画と違い、 明確な善と…

【書評】『さらば、GG資本主義』藤野英人/日本の未来は、思っている以上に明るい!

ファンドマネージャーとして、これまで6000社以上を見てきた藤野英人さん。 レオス・キャピタルワークス株式会社の代表として、「ひふみ投信」の運営も行なっています。 そんな彼が、今の日本社会に警鐘を鳴らしながらも、 「日本の未来は、みんなが思ってい…

【批評】『隣人は静かに笑う』「優しい隣人が実は・・」予測不能な驚愕のラスト!

映画『隣人は静かに笑う』を観ました! www.youtube.com ふとしたきっかけで、交流が始まった隣人一家。 平穏な日々が流れていく中で、ある日主人公は、隣人に小さな不審感を抱きます。 何もなければ消えていったはずの疑惑は、度重なる小さな疑いから、日に…

【批評】『オーシャンズ8』初めて「オーシャンズ」シリーズを観る人でも大丈夫!

映画『オーシャンズ8(Ocean's 8)』を観てきました! 映画『オーシャンズ8』本予告【HD】 『オーシャンズ』シリーズは1つも観たことがなく、 続編モノというだけで、なんとなく期待値は低めでした。 しかし、観終わった第一印象は、 「めちゃめちゃかっこい…

【書評】『プラチナデータ』東野圭吾/ DNA解析システムが示した犯人が自分自身だったら?

東野圭吾さんの『プラチナデータ』を読みました! プラチナデータ (幻冬舎文庫) posted with ヨメレバ 東野 圭吾 幻冬舎 2012-07-05 Amazonで探す Kindleで探す 楽天ブックスで探す DNA解析を用いた捜査システムによって、検挙率100%を目指す世界。 しかし…

【まとめ】新代田のおすすめラーメン屋6選!食べログ3.5以上のお店が3つも!

京王井の頭線で渋谷から5駅ほど行くとある「新代田」駅。 ここが、実は「ラーメンの街」であることをご存知でしょうか? 一見ただの住宅街ですが、駅から徒歩5分圏内にラーメン屋が6店もあります! しかも、そのうち3店舗が食べログ評価3.5以上!(もう1店は…

【書評・ネタバレ】『パラドックス13』東野圭吾/人が消えた世界に希望はあるのか?!

東野圭吾さんの『パラドックス13』を読みました! パラドックス13 (講談社文庫) posted with ヨメレバ 東野 圭吾 講談社 2014-05-15 Amazonで探す Kindleで探す 楽天ブックスで探す 3月13日の13時13分13秒。 突然、街から人が消えます。 無人となった東京に…