だーまんのブログ

平成生まれ・東大卒の不動産屋。人生の先生は本と映画。面白かった本や映画、ライフハック術、不動産のこと、受験についてなど、日々思ったことを好き勝手に書いていきます。

“だーまんのブログ"

【ネタバレ】『ガリレオの苦悩』東野圭吾/珍しく苦悩するガリレオと、女性刑事・内海薫の登場

ガリレオシリーズ4作目『ガリレオの苦悩』

タイトルのとおり、クールなガリレオが苦悩します・・!

 

本作のもう一つの特徴は、なんといっても女性刑事:内海薫(テレビでは柴咲コウが演じる)の登場です。

ここに草薙ー内海ペアが誕生し、彼女とガリレオとの掛け合いも愉快です。

 

内海の登場で、物語としても一気に奥行きが増した本作を、オススメポイントを中心に簡単にご紹介します!

 

『ガリレオの苦悩』の簡単なあらすじ

この作品は、5つの短編集からなります。

以下、それぞれの簡単なあらすじをご紹介します。

なお、多少のネタバレは含みますので、未読の人はご注意ください。

第1章:落下る(おちる)

マンションから女性が落下して、亡くなります。

容疑者は、生前の彼女と最後に会っていたと思われる愛人。

しかし、彼には鉄壁のアリバイがありました。

 

愛人が怪しいと睨んだ内海薫は、「自分が部屋にいなくても、マンションから死体を落とす方法はありませんか?」と、ガリレオに相談に行きますが・・ 

第2章:操縦る(あやつる)

湯川の大学時代の恩師、友永幸正。

彼の家に食事に招待された晩、隣の離れで火事が起こり、そこにいた友永の息子が亡くなります。

 

友永の息子は、働かず、友永たちの財産を食いつぶす問題児だったそうです。

湯川は、友永がトリックを使って火事を起こしたことを見抜き、事件はあっさり解決したかに見えましたが・・・

第3章:密室る(とじる)

大学時代の友人、藤村に呼ばれて、湯川は彼の経営する別荘へ遊びに行きます。

彼の別荘では、数日前に泊まっていた客が雪山で転落し、亡くなる事件が起こっていました。

 

一見ただの転落事故ですが、藤村には引っかかる点があり、わざわざ湯川に相談するために呼んだのでした。

真相を明かそうとする湯川を前に、なぜか挙動不審な藤村。

湯川がたどり着いた真相とは・・

第4章:指標す(しめす)

資産家の老婆が何者かに殺され、家から金貨が盗まれる事件が起きます。

容疑者は、事件の直前に老婆の家をのぞいていたという保険営業の女性。

彼女と彼女の娘を張り込んでいると、娘がダウジングの力を使い、死体となった番犬を見つけます。

 

番犬の死体は、本当にダウジングの力で見つけたのでしょうか。

それとも、娘たちが犯人なので、場所を知っていたのでしょうか。

ダウジングを信じる少女を前に、ガリレオが出した答えとは・・・

第5章:撹乱す(みだす)

「悪魔の手」と名乗る人物から、警察に向けて挑戦状が送られます。

手紙の主曰く、自分は科学の力で人を殺せると。

そして、湯川と自分、どっちが天才科学者か勝負しよう、とも。

 

実際に「悪魔の手」の予言通り、不可解な死が連続します。

そして、いよいよその手は湯川たちに迫ってきます。

 

果たして、本当に科学の力で人を殺せるのでしょうか?

そして、犯人はなぜ湯川に対して敵対心を持っているのでしょうか?

 

苦悩するガリレオの姿

いつもはクールなガリレオが、苦悩します。

●「落下る」では、頑なに捜査に協力しないという湯川を前に、必死になって食らいつく内海薫を前にして。

●「操縦る」では、人を殺めてしまった自身の恩師を前にして。

●「密室る」では、身内を守ろうとする友人を前にして。

●「指標す」では、ダウジングを信じる純粋な少女を前にして。

●「撹乱す」では、自身を狙う「悪魔の手」を前にして。

クールなガリレオが苦悩する姿が、実に人間らしくて、読む人の共感を誘います。

 

個人的には、以下の2つの場面が印象に残りました。

 

ー「落下る」よりー

●捜査に協力しないと言い張る湯川に対して、彼女なりに“無駄な”実験を試す内海薫。そのひたむきな姿を見て、ガリレオは何気なく手を貸します。

 

ー「操縦る」よりー

●殺人を犯してしまった孤独な恩師に対して、

どうして、僕たちを信用してくれなかったのか

    ー『ガリレオの苦悩』「操縦る」よりー

という言葉とともに、湯川は頭を下げます。

彼の心の葛藤に、思わず涙してしまいました。

 

科学的トリックよりも、人の心情にフォーカスされた作品

全体を通して、作者お得意の科学的要素が強いトリックが仕組まれています。

文系の僕としては、ちょっと難しいところは読み飛ばしてしまいました。

 

おそらく、僕と同じような人も多いのではないでしょうか?

作者もそれを分かってか、トリックの理解に重点を置いているわけではなさそうでした。 

むしろ、トリックでの驚きがない分、犯人や周囲の人の心情にフォーカスがされており、“犯人たちの苦悩”が物語の中心となっております。

 

内海薫の登場でグッと豊かになる物語

4作目の本作より、女性刑事内海薫が登場します。

先にテレビシリーズで柴咲コウが演じていたキャラが、小説へ逆輸入という形になりました。

 

彼女は、草薙とタッグを組みます。

マイペースな草薙と、頑張り屋で強気な内海。

2人のちぐはぐコンビは、見ていて愉快ですね。

 

また、ガリレオと内海薫の接触も、ここが初めてです。

最初は、事件への協力を迫ってくる彼女に対して、わずらわしさを感じていた湯川。

しかし、彼女のひたむきさや一生懸命さに、次第に湯川が折れていきます。

 

何でもそうですが、同性の中に、突然真逆のタイプの異性キャラが登場すると、物語にグッと奥行きが出ます。 

泥臭くて、一生懸命な彼女の登場で、ガリレオシリーズはまた一段階と面白くなっていきます。

ぜひ、本作を通して、苦悩するガリレオの姿と、新鮮な内海のキャラを楽しんでください!

  

以上、だーまん(@daaman-daaman)でした!

 

関連記事

 他のガリレオシリーズについては、こちら!

【書評】『禁断の魔術』

湯川の教え子が容疑者に。その時、彼は何を思い、どう行動するのか? 

【書評】『真夏の方程式』

 今度のガリレオは、小学生とタッグを組みます。

海が綺麗な港町で起きた、悲しい事件の真相とは? 

 

新「マスカレード」シリーズ の作品についてはこちら! 

【書評】『マスカレード・ホテル』

 容疑者も、ターゲットもわからない。

わかっているのは、次の犯行現場が一流ホテル・コルテシア東京だということだけ。

刑事・新田とホテルマン・尚美の新コンビが躍進します!

【書評】『マスカレード・イブ』

『マスカレード・ホテル』でタッグを組む新田と尚美が、出会う前の物語。

新人時代の2人や、出会う前にかすかにすれ違っていた物語など、計4編収録。 

 

推理小説以外でも、東野圭吾さんの才能は如何なく発揮されています。

【書評】『秘密』 

交通事故で亡くなったはずの妻が、娘の人格に移っていた。

そこから始まる奇妙な3人での生活。そして明かされる衝撃の真実とは・・・

間違いなく、人生で一番泣いた小説です。