だーまんのブログ

平成生まれ・東大卒の不動産屋。人生の先生は本と映画。面白かった本や映画、ライフハック術、不動産のこと、受験についてなど、日々思ったことを好き勝手に書いていきます。

だーまんのブログ

『秘密』東野圭吾/「最後の結末に必ず涙する」人生で一番泣いた小説

物心ついた頃から、本が大好きだった。

3LDKの1部屋を本で埋め尽くしていたほど、本に囲まれて育った。

 

そんな本好きな両親の元で育った僕は、

強要されるまでもなく、本好きに育った。

 

古今東西、本を読みまくってきた僕が、

「今まで読んできた中で、一番泣ける小説は何か?」と聞かれたら、

真っ先に、東野圭吾氏の『秘密』をあげる。

秘密 (文春文庫)

秘密 (文春文庫)

 

 

以下、簡単なあらすじになる。

(ネタバレになるのでご注意を!!)

 

杉田平介は妻・直子、そして娘・藻奈美と3人平和に暮らしていた。

しかし、そんな一家を、ある日突然悲劇が襲う。

妻・直子と、娘・藻奈美が交通事故に遭ってしまう。

その事故で直子は亡くなってしまうが、藻奈美は奇跡的に一命を取りとめる。

 

不幸中の幸いではあったが、事件はそれだけでは終わらない。

なんと、生き残った藻奈美は、姿形こそ娘のままだが、

人格は、亡くなったはずの直子になっていた。

そう、事故によって直子と藻奈美の魂が入れ替わってしまったのだ。

 

 

(藻奈美の姿の)直子だが、いつまでも家の中で細々と生活していくわけには行かず、

藻奈美として、日常を生きていくことを決断する。 

藻奈美の姿形をした直子は、藻奈美として成長をしていく。

そして、その成長の段階で、不思議な現象が起こる。

 

ある段階から、時折、藻奈美の人格が現れるようになる。

最初はほんの短い時間だったが、

少しずつ、少しずつ、藻奈美の人格でいる時間が長くなっていく。

 

藻奈美も女性だ。

当然、彼女にも恋をする権利はある。

藻奈美は、恋をする。

そして、直子もその恋を応援する。

それを見て、複雑な気持ちの平介。

 

そして、藻奈美はいよいよ結婚することとなる。

 

また、その頃には、藻奈美の人格でいる時間がかなり長くなってきていた。

直子本人も、もしかしたらそろそろ自分の人格が消えていってしまうのではないか、

ということが感覚的にわかってくる。

 

おそらく、これが最後になるだろうと感じた直子と平介は、

2人の思い出の場所へいく。

そこで、思い出の歌、ユーミンの『翳りゆく部屋』を聞く。

www.youtube.com

 

思い出の場所のベンチに座り、

『翳りゆく部屋』を聞きながら、静かに眠っていく直子。

そして、彼女の魂は消えていった。

 

その後、藻奈美の結婚式がラストシーンとなる。

結婚式の直前、あるきっかけで、平介は重大なことに気づく。

直子しか知り得ないことを、なぜか藻奈美が知っていたのだ。

直子がわざわざ伝達したとも考えられない・・・

そして、彼は気づく。

 

藻奈美だと思っていた人格も、実はずっと直子の人格だったのだ。

藻奈美と直子の入れ替わりは、直子の自作自演だった。

なぜか?

人格が直子のままだと、

平介が前に進めないから。

彼に前に進んでもらうためにも、

彼女は人格までも藻奈美になりきる決意をしたのだ。

 

しかし、いきなり入れ替わると色々無理がある。

そこで考えたのが、

“藻奈美の人格と徐々入れ替わっていき、

自然と藻奈美の人格でいる時間が長くなり、直子の人格を消していく”

という方法。

 

これが、彼女の“秘密”だったのだ。

 最後の最後で、平介はそれを知る。

 

 

そして、結婚式場にて。

着替えをしている新郎の部屋に入っていった平介は、

新郎にこう伝える。

「自分の娘を嫁に取られるので、2回、顔を殴らせてくれ』と。

戸惑う新郎を、平介は2回殴る。

1発は、娘・藻奈美の分。

そして、もう1発は、妻・直子の分。

 

 

平介を気遣った直子の“秘密”

そして、直子の“秘密”を知りながら、

知らないフリをして生きてこうとする平介の“秘密”

 

相手を想う故の、“秘密”

これ以上ない愛情だ。

その思いに、最後は涙が止まらなかった。

 

相手を想う故に、相手に幸せになって欲しいと願うが故に、

“秘密”を、自分の胸の中だけに抱え続ける決意をした2人。

 

確か、美輪明宏さんだったと思うが、こんなことをおっしゃっていたようだ。

大人になれば、誰しも人に言えない秘密の一つや二つあるものです。

それを抱えながら、みんな生きていくのです。

 

世の中にはいろんな“秘密”があるが、こんなに素敵な“秘密”はない。

今でも、最後の数ページを読むだけで、泣いてしまう。

大切な人を大切にしようと思える、素敵な物語だ。 

秘密 (文春文庫)

秘密 (文春文庫)