だーまんのブログ

平成生まれ・東大卒の不動産屋。人生の先生は本と映画。面白かった本や映画、ライフハック術、不動産のこと、受験についてなど、日々思ったことを好き勝手に書いていきます。

だーまんのブログ

【レビュー】映画『フローズン・タイム』B級映画の傑作!失恋の痛手で「時間を止める力」を手にした男の物語

失恋の痛手から、時間を止める力を手にした男を描いた作品『フローズン・タイム』を観ました!

 

一言で言うと、「何とも言えないB級感を漂わせながらも、ちゃんと泣けるラストが待っている感動作」

軽い気持ちで観れるのに、笑いなり、涙ありで、期待以上の内容となっていました。

 

元々、18分の短編映画だった本作品。

14の賞を受賞し、アカデミー賞でもノミネートされたとを受けて、2時間の長編が作られたそうです。

 

●主人公が時間を止める力を手に入れる

●裸の女性が写っている映画のパッケージ

これらから、主人公が、その力を己の欲望のために使うのかと想像してましたが・・

アーティストである主人公は、ひたすら美しい女性のデッサンを描き続けます。 

これが、またなんとも言えずシュールです。

 

それでは、期待値以上によかった『フローズン・タイム』をご紹介します!

 

30秒でわかる『フローズン・タイム』のあらすじ(ネタバレなし)

美大生のベン(ショーン・ビガースタッフ)は、失恋のショックから不眠症になってしまいます。

寝れない時間がもったいないので、彼は深夜のスーパーマーケットでアルバイトをすることに。

 

本来は寝ていて、存在しなかったはずの時間を、アルバイトによってお金に換える。

これが、原題=“Cash Back(キャッシュバック)”の由来になっています。

 

深夜のスーパーマーケットでは、とにかく時間の流れが遅い!

ゆっくりすぎて、とうとうベンは時間を止める力を手に入れてしまいます(急展開!!)

 

そんなベンは、美大生としての才能を発揮。

店内にいる女性の服を脱がせ、丁寧にデッサンしていきます。

 

そんなことを繰り返す中で、ベンはバイト仲間のシャロン(エミリア・フォックス)を徐々に意識するように。

シャロンを意識し始めたその日から、ベンはシャロンのことばっかりを描くようになります。

 

時間を止める力を得たベンは、不眠症から脱却して、幸せをつかむことができるのでしょうか?

  

『フローズン・タイム』のレビューや感想(ネタバレあり!)

ここからは、映画を観て思ったこと、感じたことを率直に書いていきます!

多少のネタバレは含みますので、ご了承ください。

興味を引く設定と、あえてその力をフル活用しない主人公

物語の設定としては、なかなか興味深い。

「不眠症になったから、寝れない時間でバイトを始めたものの、そのバイトが暇すぎて、時間の流れが遅すぎて、ある日時間を止める力を手に入れてしまう・・」

 

この設定だけ聞くと、かなりワクワクします。

 

ただ、主人公がその力をフル活用して、何か派手なことをやるかと言ったら・・全くやりません。

ただただ、女性の服を脱がせ、丁寧にデッサンするのみ。

(女性の服を脱がせることは、派手といえば派手ですが・・・)

 

誰もがやりそうな銀行強盗とかをしないところが、逆に主人公の失恋の痛手の大きさを物語っています。

ただ、個人的には、ドキドキする設定とは裏腹に、「うおい!やるのはそれだけかい!」というツッコミを隠しきれませんでした。

深夜のスーパーマーケットの愉快な仲間たち

深夜のスーパーマーケットは、変人の集まりです。

彼らの変人ぶりも、この映画のB級感を助長します。

簡単に、彼ら変人たちについて書いてみます。

 

●イタズラ好きのアホコンビ 

ろくに仕事をせず、いつもふざけあっている2人組みがいます。

いい歳して、店の商品を投げ合ったり、店の中でレースしたり、かくれんぼしたり。

小学生が、そのまま大人になったような2人。

きっと、こういうお店じゃないと雇ってもらえないのでしょうね。

 

●カンフーの達人風の少年

大前提として、なぜ彼なぜカンフー好きという設定なのか、よくわかりません。

カンフーの力を発揮する場面もありませんし、それで誰かを助けるわけでもありません。

とりあえず、一言も発せず、いつもカンフーっぽいことをやっています。

 

●自意識過剰なマネージャー

自分のことを有能なマネージャーだと勘違いしている彼。

かつては名サッカー選手だったらしく、その時のトロフィーや写真が部屋にたくさん飾ってあります。

自分が有能であることをアピールしたい気持ちが満々で、いつも偉そうにしてますが、全くの空回り。

その空回り感が通用してしまうような、ちょっと変なお店なのです。

 

●紅一点のシャロン

シャロンは、唯一まともな人物かと思いきや、彼女は時間恐怖症。

お店での時間の進みが遅すぎて、時計を見ると病んでしまうのです。

そのため、腕時計にはテープを貼って、時間を見ないようにしているほど。

最初は、少し病んでいる女の子っぽく描かれています。

 

このように、とにかく変人ばかり。

こんな変人たちと過ごしたことが、主人公ベンの頭のネジを狂わせて、時間を止める力を手に入れる一助になったのかもしれません。 笑

伏線をよーやく回収した最後の個展のシーンは涙!

物語の最後の方で、うまくいきかけたベンとシャロンは、ベンの元カノのせいでダメになります。

あくまでシャロンの誤解なのですが、シャロンはベンに言い訳するスキを与えず、2人はバラバラに。

 

そのしばらく後のこと。

シャロンの元に、1枚の招待状が届きます。

それは、ベンの個展の案内でした。

個展のタイトルは「A Frozen Second」

(日本語訳すると、「止まった(凍った)瞬間」)

 

その個展に行ったシャロンは、驚きます。

そこには、自分のデッサンばかりが飾ってあったからです。

そう、時間を止めたベンが、ひたすら描き続けた彼女のデッサンです。

 

久々の再会を果たした2人。

言い訳しようとするベンの言葉を、シャロンはさえぎります。

“Shee. It's ok. This tells me so much more than you could ever say.”

(いいのよ。この絵たちが、どんな言葉よりも、語ってくれているわ。)

   ー映画『フローズン・タイム』より(日本語訳は作者による)

●ベンが美大生という設定も、

●ベンが時間を止める力を得たのも、

●その力を得ながらも、ただひたすら絵を描き続けたのも、

●ベンとシャロンが仲違いしたのも、

すべて、この結末を迎えるための伏線だったのかと、感動のあまり涙してしまいました。

 

好きな人に、言葉ではなく、自分の作品で愛を伝える。

アーティストにとっては、まさに夢のような話ですね。

ただ、どうしてもB級映画感は否めない…

話の設定も面白いし、いろんな伏線が回収される最後の結末も感動的でした。

しかし、そうはいっても、僕の中ではB級映画感を否定できませんでした。

 

むしろ、B級だという前提で観るのが正解なのかもしれません。

 

ここでは、どうしても気になったところを、いくつか書いてみます。

 

●時間を止められる力を得たのに、やけに落ち着いている主人公

「あ、時間止められるようになったわー」程度の反応。驚きが全く無い。

しかも、やることと言ったら、ひたすら女性の裸体のデッサン。

「そんな男いるのか?!」という思いを、最後までぬぐいきれませんでした。

  

●謎のフットサル試合の意味がよくわからない

途中で、店舗対抗のフットサルの試合が開催されます。

結果的に、相手チームにぼろ負け。店長は大怪我。

少しチームワークが生まれたようですが、感動もなく、物語の本筋にはあまり関係ありません。

唯一、試合の後に、ベンとシャロンが2人きりでお茶する場面があります。

そのシチュエーションを作り出すための試合だったと、言えなくもないですが・・

 

●「時間を止めてる時に、ベンと同じように動ける人がいる」の伏線の回収は?

物語の後半で、ベンが時間を止めている時に、いきなり逃げ出した人がいました。

そこで初めて、自分と同じように、時間を止められる人がいることが明らかになります。

しかし、そのことについての追求はありません。

そもそも、なんでその人物が逃げたのかもよくわかりません。

伏線の回収があるのかと待っていたら、結局何もありませんでした。

 

●個展を開催して、いきなり売れっ子になるのは、少し話がうますぎてる…? 

最後の個展は、かなり感動します。これは間違いないです。

ただ、ちょっと話がうますぎる気がしたのも確かです。

 

個展を開くのはさすがにダメだったが、熱意に負けて1枚だけ置かせてもらう。

その一枚を、たまたま通りがかったシャロンが見て・・

とかって展開のほうが、まだ納得感がある気がします・・

(あくまで個人的な感想ですが)

 

本来、18分にまとまっていたものを、無理やり2時間に引き伸ばしたのだから、いろんなところで無理が生じるのは、仕方ないのかもしれません。

『フローズン・タイム』を観ようか迷っている人へ

この映画は、 

「軽い気持ちで観れるけど、笑いあり、涙あり、そしてハッピーエンドな映画がいい!」

そんな気分の時には、まさにピッタリの1作です。

 

そして、観る以上は、B級映画だと割り切るのがオススメ

それを理解した上で観れば、十分すぎるほど楽しめます。

ヒロイン演じるエミリア・フォックスも美しいですし。

多少頭の中に「?」が出てきたり、回収されない伏線があっても、気楽に構えることです。

 

ラフな気持ちで観れて、ちゃんと泣けるハッピーエンドがあるという点では、デートに向いてる映画かもしれません。

ただ、普通に女性の裸が出てきます。バンバン出てきます。時間を止めて、服脱がしちゃってます。

男女で見るときには、そこで気まずくならないかだけ、あらかじめご注意を。 

 

『フローズン・タイム』が好きな人には、こちらもオススメ⬇️

「日常とかけ離れた設定で、気楽に観れて、楽しい気持ちにさせてくれるハッピーエンドな作品」

というところで言うと、こちらの映画もオススメ!

『マスク』

いい人すぎる主人公は、いつもいい人止まり。

そんな彼が、ひょんなことから、ある日マスクを手にします。

マスクをつけている間だけ、カッコイイ別人に生まれ変われる主人公は、意中の人の心を掴みますが…

 

また、本作品と同じイギリス映画で、最近観た面白い作品はこちら!

『パーフェクト・ルーム』

大どんでん返しのサスペンス作品。

5人しか入れない愛人部屋に、ある日謎の女性の死体が…

つまり、犯人は5人のうちの誰か。

お互いに疑い、疑われの中で、大どんでん返しの結末が待っています…

ゼッタイに!!ネタバレなしで観てください。