だーまんのブログ

平成生まれ・東大卒の不動産屋。人生の先生は本と映画。面白かった本や映画、ライフハック術、不動産のこと、受験についてなど、日々思ったことを好き勝手に書いていきます。

だーまんのブログ

【レビュー】映画『ゼロの焦点(1961)』松本清張作品が原作・傑作サスペンス映画

シネマヴェーラ渋谷で、「戦争と女たち」という特集をやっていました。

そこで、『ゼロの焦点』を観てきました。 

松本清張さんの小説が原作の本作品。

2009年のリメイク版でなく、1961年に作られたほうです。

 

松本清張さんの作品であること以外、何も知らずに観に行きましたが、想像以上に面白く、引き込まれる作品でした。 

サスペンスモノですが、同時にまだ戦後の空気感が残る時代を生きた、女性たちの生き様の物語です。

 

なお、多少のネタバレを含みますので、まだ観てない人はご注意ください!

 

1分でわかる『ゼロの焦点』のあらすじ

お見合い結婚してまだ1週間の新婚カップル、鵜原(うはら)憲一と禎子。

憲一は、仕事の引き継ぎのため金沢へ戻りますが、約束の日になっても東京へ帰ってきません。帰ってこないどころか、連絡もありません。

手持ち無沙汰の禎子は、家を掃除していると、憲一の棚から見覚えのない家の写真を見つけます。

 

連絡がないことに不安を覚えた禎子は、憲一の上司と金沢へ向かいます。

ろくな手がかりが掴めない中で、憲一の得意先を尋ねていくと、写真に写っていた家を見つけます。

そこは、憲一が懇意にしていた会社の社長・室田儀作と妻・佐知子の家でした。

しかし、そこでも有益な情報は掴めません。

 

同時に、憲一の過去を洗っていると、なんとその昔、立川で刑事をやっていたことが明らかになります。

 

そんな中、第二の事件が起こります。

金沢の旅館の一室で、憲一の兄が毒殺されてしまいます。

同じ部屋にいたのは、派手な格好をした若い女性だと、従業員は証言します。

 

1人で捜査を続けていく禎子は、憲一と付き合いのあった田沼久子という女性に行き着きます。

また、室田佐知子が、かつて立川で米軍相手に仕事をしており、憲一と接点があったところまで突き止めます。

 

しかし、その時点では、それ以上の真相を明らかにすることはできませんでした。

 

そして2年後。

禎子は、憲一ときちんと決別するため、再び金沢へ向かいます。

金沢にいる室田儀作と佐知子に、憲一が飛び込んだ崖へと連れていってもらいます。

 

そこで、衝撃の真実が明かされます・・・

 

冒頭から圧巻!テンポの良い見事なストーリー展開

始まって早々、夫の憲一が行方不明になります。

憲一の出演シーンはほぼありませんが、周辺人物の言葉から、彼がまじめな性格だったことがわかります。

そのことが、余計に今回の事態の深刻さを物語ります。

 

心配しながらも、携帯もない時代なので、禎子は待つしかありません。

手持ち無沙汰で家の中を整理していると、ひらりと写真が2枚落ちてきます。

おどろおどろしい音楽とともに、2枚の写真のアップになり、場面が変わります。

 

ここまで、映画開始からわずか10分!

10分で、主要人物のキャラクターがわかり、事態の深刻さがひしひし伝わってきます。

そして、謎の2枚の写真によって、「この先に何が待ち受けているのか?」と、この先の展開を想像させます・・

 

息つく暇もなく、無駄なシーンが1つもない「お見事!」な冒頭でした。

その時点で、完全に引き込まれてしまっています。

 

映画全体が、この調子です。

観終わってから、映画の時間を調べるとわずか95分。

95分の中できれいに起承転結が描かれており、息つく暇もない見事な脚本でした。

  

時代に流されながらも、抗う女性たち

この映画は、3人の女性を中心に回ります。

憲一の妻・禎子。

室田儀作の後妻・佐知子。

憲一の内縁の妻・田沼久子。

 

当時は、まだ女性の力は今ほど強くありませんでした。

戦後、日本が急激な経済発展を遂げていく中で、「妻は、夫と家族を支える存在」という色が強かった時代です。

その時代の流れの中で、流されながらも、彼女たちは意志を持って戦います。

 

 

禎子は、憲一失踪の真実を探して、はるばる金沢まで出向きます。

憲一が帰ってこないことを知ると、彼女は再び働きに出て自活します。

 

室田佐和子は、立川で米軍相手に水商売をやっていました。

その過去から脱却するために、教養や礼儀などを身につけ、結果的に社長夫人の地位を手に入れます。

 

田沼久子は、生活こそ苦しかったものの、愛する人のために、1人で仕事をしながら生活しています。

 

当時は、今より女性の社会的地位が低かった時代。

映画を通しても、その空気感は伝わってきます。

そんな時代にあって、自分の意思で人生を切り開こうとする彼女たちの姿勢が、とても勇ましく見えます。

 

1960年当時の空気感を味わえる作品

この映画が作られたのは、1961年。

1964年には東京オリンピックが控えています。

戦後の空気から脱却し、大きく経済成長を遂げようとしている時代の作品です。

 

その当時の空気感が伝わってくる、象徴的なポイントが2つあります。

結婚のあり方について 

主人公禎子の夫は、結婚してたったの1週間で失踪します。

禎子と憲一の出会いはお見合い。

そのため、お互いの過去についても、今回の事件で初めて知ったことばかりでした。

 

そういったお見合い結婚が多かった時代です。

それでも、禎子は憲一のために、一生懸命駆け回ります。

まだ新幹線もまともにない時代に、電車に揺られて長い距離を移動します。

 

僕の感覚だと、その程度の関係性にも関わらず、ここまで献身的に夫のために行動できる禎子がすごいなと、単純に感じてしまいました。

しかし、当時はきっとそれが当たり前だったのでしょう。

 

当時の人にとって、「結婚とはどういうものだったのか」が、禎子を通して伝わってきました。

過去の暗い経歴の持つ重さについて

また、この物語は、人の過去が大きく関わってきます。

 

彼ら、彼女らは、必死にそれを隠そうとします。

過去の追求こそが、この映画の大きなテーマの一つです。

 

少し言い過ぎかもしれませんが、それらの過去は、今ならネタになったり、許容される気がします。

少なくとも、誰かを殺すほどのことではないです。

 

しかし、この当時の人々にとって、過去の傷は自分の人生を狂わせかねないもの。

それくらい、世間体だったり、経歴が大事な時代だったのかと感じました。

 

過去の名作を観る醍醐味

物語は最後は、断崖絶壁での謎解きシーンです。

2時間サスペンスのお決まりを作ったのは、この映画だと言われています。

 

そこでの、最後の日本海の波打つシーンは圧巻です。 

まるで、物静かな禎子の、内面の確固たる覚悟を示しているかのようでした。 

 

今とは違う時代の作品だからこそ、時代背景をある程度知らないと、理解できない部分もあったりします。

それが、映画の理解を少し難しくするのかもしれません。

 

しかし、その時代の空気感や、風潮を察して、それらを追体験できることこそが、過去の名作を観る醍醐味です。 

 

ぜひ、この映画を通して、当時の時代を味わってください。

サスペンス作品としても傑作なので、観終わった後は満足すること間違いなしです!

  

関連記事

松本清張さんの他の作品については、こちらの記事もどうぞ! 

【書評】『点と線』松本清張

彼が書いた、初めての長編推理小説です。

電車の時刻表を用いた巧妙なトリック。

トリックそのものは、おそらく現代では通用しません。

それでも、今読んでも全く色褪せない名作です。