だーまんのブログ

平成生まれ・東大卒の不動産屋。人生の先生は本と映画。面白かった本や映画、ライフハック術、不動産のこと、受験についてなど、日々思ったことを好き勝手に書いていきます。

だーまんのブログ

【大どんでん返し!】映画『パーフェクト・ルーム』/「この中の誰が犯人なのか?」5人の隠れ家で起きた殺人事件

“大どんでん返し”の映画をお探しのあなたに、ピッタリの作品があります。

 

『パーフェクト・ルーム(原題:The Loft)』

www.youtube.com

 

5人の既婚者が、愛人との密会用にマンションの一室を購入します。

鍵は彼ら5人しか持っておらず、部屋を使う時は必ず連絡をするという約束をします。

 

しかし、ある朝そこで女性の死体が発見されます。

 

「彼女は誰の愛人なのか?」

「なぜ、ここで死んでいるのか?」

「誰が殺したのか?」

 

観終わった後、「誰かにこの気持ちを共有したい!!!!」となる映画です。

 

この記事では、

●30秒でわかるこの映画のあらすじ(※ただしオチは除く)

●この映画の見所!

を紹介します。 

 

なお、映画の最大のポイントであるオチには触れません!

極力ネタバレは避けますが、内容には多少触れますので、まだ観てない方はご注意ください。

 

30秒でわかるこの映画のあらすじ

5人の既婚者が、愛人との密会用にマンションの一室(=Loft)を一緒に買います。

ホテルを使うと請求書でバレますが、買ってしまえばバレることはないからです。

 

部屋の鍵は、5人が持つ5本だけ。

彼ら以外は、誰も入れない秘密の部屋でした。

 

ところがある朝、5人のうちの1人が、そこで女性が殺されているのが発見します。

すぐに全員が集まり、“犯人探し”が始まります。

 

5人以外は鍵を持っていないので、この中の誰かが犯人なのです。

そもそも、死んでいる女性は誰の愛人なのか?

 

自分以外を疑い、探り探り話し合いが進む中で、徐々に明らかになる真実。 

最後は、予想もつかない衝撃の結末が待っていたのでした・・

 

張り巡らされた伏線と驚きの結末

この映画の最大の魅力は、“張り巡らされた伏線”と“大どんでん返し”です。

「5人のうちの誰かが犯人」というシンプルなストーリーだからこそ、そこからの話の展開とオチが強烈です。

 

物語のいたるところに、伏線が張り巡らされています。

たとえば、、

 

●物語の冒頭、 マンションのバルコニーから何者かが落下して死亡します。

 ➡️彼は誰なのか?飛び降りたのか?落とされたのか?

 

●殺された女性は金髪ですが、下を向いており顔が見えません。

 ➡️複数登場する金髪女性のち、彼女は誰なのか?それとも、全く別の人物なのか?

 

●ベッドには、ラテン語で謎のメッセージが残っています。

 ➡️そのメッセージの意味は?ダイイングメッセージなのか?

 

●誰かが、不動産屋に「部屋を売却する」との連絡をしました。

 ➡️誰が連絡したのか?なぜ売却する連絡をしたのか?

 

1人が、鍵を手元に持ってません。

 ➡️持っていないのはたまたまか?誰かに渡しているのか?

 

この映画は、伏線の回収がとてもスマートです。

結末を知った後に、伏線を確認するためにもう一度見返したくなるはずです。

 

個性豊かな5人の男たち

5人のキャラクターと、彼らの関係性も物語のキーポイントです。

彼らのキャラを簡単に紹介します。

 

●ヴィンセント

話の言い出しっぺで、イケメンのチャラ男。

5人が買ったのは、建築士の彼が設計した部屋でした。

 

女性には困らないタイプで、いかにもこういう話を思いつきそうな男です。

奥さんとの関係も良好で、全てを器用にこなすタイプ。

同じ男としては、ムカつく奴です。笑

 

●クリス

精神科医であり、ヴィンセントとは真逆で真面目な性格。

イケメンなのでモテますが、誘われても「妻がいるから」と断るタイプ。

 

当然、最初はヴィンセントの誘いを断っていました。

しかし、たまたまパーティで魅力的な女性に出会ってしまい、結果的に話に乗ることになります。

 

●フィリップ

上記のクリスとは異父兄弟です。

子供の頃に父親から虐待を受けた暗い過去を持ち、すぐに手が出る乱暴な性格。

 

不動産王の娘と結婚しますが、女遊びはやめません。

薬をやっていて、怒ると何をするかわからないタイプです。

 

●ルーク

メガネをかけていて、いかにも真面目。

モテるタイプではなく、部屋に女性を連れ込む描写はありません。

 

大人しい性格のため、ヴィンセントの誘いも断れなかった様子。

しかし、内に秘めるタイプで、奥さんには「他で恋人がいるのでは?」と疑われます。

 

●マーティー

太っていて、とても陽気な性格。

モテないが、そういうことには人一倍興味を持っていて、ヴィセントの話にもノリノリでした。

口では大きいことを言いますが、結局奥さんを一番大事にするタイプです。

 

5人は全くキャラが違います。

違うからこそ、それぞれに対して何かしらよく思っていない点もあります。

 

それが物語の大きなポイントであり、事件発覚後、お互いの心の中を探り合う展開へと繋がっていきます。

 

”1時間半強”のスピード感!

映画の内容ではありませんが、102分という上映時間も最高です。

 

持論ですが、映画は2時間以内に収まっているのがベスト。

もちろん、『七人の侍』など3時間越えの名作も数多くあります。

しかし、物語に無駄がなく、観客が飽きずに観れるのが90分〜120分です。

 

大学の授業が90分なのも、人が集中力をキープできるのが90分だからだそうです。

 

僕が大好きな映画の一つ、クレヨンしんちゃんの『モーレツ!オトナ帝国の逆襲』 

 

この作品は、わずか90分ちょっとの中で、笑いあり、ストーリー性あり、泣けるラストありです。

よく90分に収めたなーと感動を覚えます。

 

忙しい現代人にとって、いくら面白い映画でも、3時間だとちょっと観るのを迷います。

その点、この映画は大どんでん返しのオチもあって、たったの102分!

このスピード感が、素晴らしいです。

  

驚きのオチに、あなたは絶対に騙されます!

『パーフェクト・ルーム』いかがだったでしょうか?

 

5人の男たちの“欲望”が招いた今回の悲劇。

ある意味、自業自得ではありますが、果たして罰を受けるのは誰でしょうか?

 

ネタバレサイトでオチは見ず、結末を予想しながら観てみてください。

絶対に、あなたは騙されると断言します。

 

そして、観終わった後、すぐにこの驚きを誰かと共有したくなるはずです。

 

関連記事など

 他の映画レビューはこちら⬇️

 

『女神の見えざる手』

アメリカの敏腕女性ロビイストの奮闘記。

覚悟を持って戦う彼女の姿に、拍手せざるをえません。

www.daaman-blog.com

 

『太陽がいっぱい』 

1960年のフランス映画の傑作。

アラン・ドロンの名演と、満載のサスペンス要素が魅力の作品です。 

www.daaman-blog.com

 

『アンタッチャブル』

1980年代のギャング映画の名作。

アル・カポネを追う人々の戦いの記録。実話が元になってます。 

www.daaman-blog.com

  

 『スリー・ビルボード』

 アカデミー賞脚本賞受賞作品。

町外れの3枚の看板に、娘を殺された母親が抗議の文句を載せたところから事件は始まります・・

www.daaman-blog.com

 

 『タクシー運転手』

あの町山智浩さんに、「すでに今年のトップ10だ!」と言わしめた作品。

光州事件の実話を元にした物語。光州の実体を暴こうとするドイツ人記者と、彼を現地に届けるタクシー運転手の戦いの記録。

www.daaman-blog.com