だーまんのブログ

平成生まれ・東大卒の不動産屋。人生の先生は本と映画。面白かった本や映画、ライフハック術、不動産のこと、受験についてなど、日々思ったことを好き勝手に書いていきます。

だーまんのブログ

『「やりがいのある仕事」という幻想』森博嗣/仕事に「やりがい」は必要か?

「人は、仕事をするために生きているのではない。」

転職活動の中で、仕事についてお腹が痛くなるくらい悩んだ時に、たまたま手にした1冊です。

 

「仕事って、何だろう?働くって、何だろう?」

ふと立ち止まった時に、考えてしまう疑問です。

 

作者は、「仕事の目的は、お金を稼ぐことである」と言い切ります。

 

この記事は、

●就活中で、仕事選びに悩んでいる人

●社会人を数年経験して、改めて仕事について悩み始めた人

に向けて書きました。

 

ぜひ、参考にしてみてください! 

 

30秒でわかるこの本の要約

1日に1時間しか仕事をせず、残りの時間は趣味の模型作りに没頭する作家・森博嗣さん。

就活がうまくいかず、自殺する学生が増えてることを受けて、仕事で悩む全ての人に向けて書いたエッセイです。

 

●仕事の目的とは?

●「みんなが知っている良い会社」に入ることは大事なのか?

●働かないことは罪なのか?

●仕事に、やりがいは必要なのか?

 

こういった疑問に答える彼の結論は、とてもシンプルです。

 

「仕事は、あくまでお金を稼ぐ手段。

そこに“楽しさ”や“やりがい”は必要ない。

稼いだお金で、自分がやりたいこと、楽しいと感じることをやればいい」

 

仕事との向き合い方に対して、新しい価値観を与えてくれる1冊です。

 

人は、働くために生きているのではない

 本の冒頭で、彼の仕事に対する考え方が書かれています。

僕の仕事に対する第一原理というのは、これまで幾度も書いているが、つまり、「人は働くために生きているのではない」ということだ。

「働きたくなかったら、べつに働かなくてもいいんじゃないか」というのが僕の基本的な立場である。

仕事というものは、今どんな服を着ているのか、というのと同じくらい、人間の本質ではない。

そもそも、就職しなければならない、というのも幻想だ。人は働くために生まれてきたのではない。どちらかというと、働かない方が良い状態だ。働かない方が楽しいし、疲れないし、健康的だ。

・・・

ただ一点だけ、お金が稼げないという問題があるだけだ。

 

彼が仕事をする理由は単純です。

 

●生活をするためには、お金が必要である。

●自分がやりたいことを叶えるには、お金が必要である。

 

つまり、

仕事の目的は金を稼ぐことである。

そして、もしそうだとすると、

生きていくには、「働くことが一番簡単な道」なのである。

 

お金をもっと稼ぐために、小説を書き始めた

彼は、元々は大学の研究者でした。

1日16時間働くも、残業代も出ず、休みもない。

 

その中で、小さい頃の夢があり、それを叶えるためにお金が必要になります。

もっとお金を稼ぐために、“たまたま”小説を書き始めます。

 

それがヒットしたおかげで、一生食うに困らないお金と、趣味に費やすお金を得ることができたそうです。

 

しかし、小説家になった今でも、

目の前にあるもので、自分が金を稼げそうなことに手を出しただけである。

僕は小説を書くことが今でも好きではない。

 

彼の仕事に対するスタンスは、気持ちいくらいにシンプルです。

 

自分がやりたいことのために、今の仕事だけではお金が足りない。

より多くのお金を稼ぐための手段として、新しい仕事を始めたにすぎないのです。

 

仕事に「やりがい」を求めてすぎていませんか?

森博嗣さんは、人々が仕事に「やりがい」を求めていることに対して、疑問を投げかけます。

なんとなく、意味もわからず、「仕事にやりがいを見つける生き方は素晴らしい」という言葉を、多くの人たちが、理想や精神だと勘違いしてる。

それは、ほとんどどこかの企業のコマーシャルの文句にすぎない。

そんな下らないものに取り憑かれていることに気づき、もっと崇高な精神を、自分に対して掲げてほしい。

それは、「人間の価値はそんなことで決まるものではない」という、とても単純で常識的な原則である。

 

ある経営者に聞いた話です。

「ブラック企業ほど、“やりがい”を大々的に打ち出す。

“やりがいがある”と思わせるだけで、社員は喜んでタダ働きをしてくれるからだ。

“やりがい”なんて、何の実体もないのに。」

 

「やりがい」を求めすぎて、疲弊してませんか?

 

それなら、「仕事はお金を稼ぐ手段」と割り切る。

そして、稼いだお金で自分がやりたいことをやる。

そんな生き方のほうが、きっと人生は充実します。

  

自分が納得できる人生を歩むこと

「仕事はお金を稼ぐ手段であり、そこに“やりがい”は必要ない」

極端な意見かもしれませんが、僕はこの言葉でかなり救われました。

 

自分が楽しいと思えること。

自分が幸せだと思えること。

他の誰かの価値観ではなく、自分が納得できる生き方を選ぶこと。

それが一番大事なのだと、再認識できました。

 

この記事の最後に、森博嗣さんの言葉で締めくくります。

結局のところ、「どうだっていいじゃん」と自分に言ってあげられる人が、一人前の立派な社会人になれるのではないか。

「元気なんか無理に出さなくても良いから、ちょっと元気のある振りをして、ちょっと笑っている振りをして、嫌々でも良いから仕事をしてみたら?

それで金を稼いで、あとでその金を好きなことに使えばいい。それが君の人生かも。

 

僕と同じように、仕事に悩んでいる人はぜひ手にとってみてください!

 

1冊すべてでなくてもいいです。

●はじめに:約15ページ

●第1章「仕事への大いなる勘違い」:約31ページ

●第5章「人生と仕事の関係」:約34ページ

ここだけでも、さらっと読んでみてください。

 

仕事で悩むあなたの肩の荷を、そっと軽くしてくれます。

 

関連記事など

 自分がやりたいことをやり続けて、結果的にそれが仕事になったある女性発明家の生き方について書きました⬇️

www.daaman-blog.com

 

「好きなことをやった方が、結果的にうまくいく」

そのことを、科学的に書きました⬇️ 

www.daaman-blog.com

 

転職活動をした経験を書きました。

試しに始めましたが、人生を見つめ直すきっかけになりました⬇️ 

www.daaman-blog.com