だーまんのブログ

平成生まれ・東大卒の不動産屋。人生の先生は本と映画。面白かった本や映画、ライフハック術、不動産のこと、受験についてなど、日々思ったことを好き勝手に書いていきます。

だーまんのブログ

【あらすじ&ネタバレ】『境遇』湊かなえ/ドキドキと感動を味わいたい人にオススメの1冊

湊かなえさんの『境遇』を読みました!

 

初めて、湊かなえさんの作品で泣きました。

 

湊かなえ作品を読んだことがある人も、ない人も、ぜひ手にとってみてください!

ハラハラドキドキの前半部分と、全てが明らかになる感動のラストと、読み始めたら止まらない作品です。

 

『境遇』のあらすじを15秒で解説

『あおぞらリボン』という絵本が、まさかのベストセラーとなった高倉陽子。

彼女の息子が、ある日突然誘拐されます。

犯人からは、

カエシテホシケレバ シンジツヲ コウヒョウシロ

(返してほしければ、真実を公表しろ)

との脅迫ファックスが・・・

 

親友であり、記者である相田晴美と協力し、犯人探しに翻弄する陽子。

彼女たちは、2人とも「実の親を知らない」という似た境遇の持ち主。

 

「真実」とは、果たして何なのか?

そして、犯人の狙いは一体?

 

最後に明かされる驚愕の事実に、思わず涙してしまいます。

 

謎解きその1:誘拐犯は誰なのか?

この物語のメインテーマの一つは、誘拐犯探しです。

最後に息子を見かけた証言者によると、息子は連れ去った人物と親しげにしていたと言います。

すると、誰か身内の犯行なのか・・・

 

議員の妻であること、本当の親を知らないこと、ベストセラー作家であること。

彼女を取り巻く環境は、疑わしい人物がたくさんいます。

 

●絵本がヒットしてから、謎の女性が陽子の周囲をうろつき始める。彼女の正体は?

● 絵本の元ネタは、親友である晴美の話。陽子に盗作された恨みか?

●自分を捨てた親による、金銭目当ての誘拐か?

●夫・正紀は、地元では有名な二世議員だが、不正献金の疑いがある。彼に敵対する人間の仕業か?

●正紀には、結婚予定者がいた。そのポジションを奪った陽子への恨みか?

 

身内さえも疑わしい中で、事件解決の糸口は、陽子と晴美の生まれの秘密にありました。 

  

謎解きその2:2人の境遇と、生まれの秘密とは?

再びきた犯人からの脅迫状には、

ハヤクジジツヲコウヒョウデキルヨウ ヒントヲダソウ

(早く事実を公表できるよう ヒントを出そう)

そして、

樅(もみ)の木町殺人事件

 との文字が。

 

この事件は、

●心臓病で苦しむ妻の手術費のため、お金を貸してもらおうとしたが断られた犯人が、相手を刺し殺してしまう

●殺された男の妻も、ノイローゼでその後亡くなってしまう

●心臓病の犯人の奥さんは、結果的に手術が成功して生き残る

●ノイローゼで亡くなった妻にも、犯人の妻にも子供がいた

という事件です。

 

そして、この事件は陽子と晴美が生まれたちょうど36年前に起きています。

陽子は、生き残った妻の子供なのでしょうか?

それとも・・・

 

最後に、事件の謎とともに明かされる出生の秘密に、カフェで読みながら思わず涙を流してしまいました。

 

『境遇』が面白い!ワケ

僕は、初めて湊かなえさんの作品で泣きました。

 

 「湊かなえさんといえばコレ!」という、ど真ん中の作品ではないです。

その分、賛否両論かもしれませんが、僕はそこに作家としての広がりを感じた作品でした。

 

予想していた結末ではなかったからこそ、最後の結末も不意打ちでした。

 

ぜひ、この本で湊かなえさん作品の新しい一面を体験してみてください。

 

また、絵本『あおぞらリボン』が本の最後についているバージョンもあります。

そちらも合わせて読んでいただくと、より深くこの物語を味わえるのでおすすめです。

 

関連記事など

 湊かなえ作品について書いた記事の一覧です。

よかったら、合わせてこちらもどうぞ! 

www.daaman-blog.com

www.daaman-blog.com

www.daaman-blog.com

www.daaman-blog.com

www.daaman-blog.com

www.daaman-blog.com

www.daaman-blog.com