だーまんのブログ

平成生まれ・東大卒の元不動産屋→現・外資コンサル。人生の先生は本と映画。面白かった本や映画、仕事について、など日々思ったことを好き勝手に書いていきます。

だーまんのブログ

『つぶやきのクリーム』森博嗣/肩の荷を下ろしてくれる100のつぶやき

転職で悩みすぎた時に、森博嗣さんの本で救われました。 面白い作家さんだなーと思っていたら、なんと家に彼の本がありました。 今から5年前、社会人になりたてのタイミングで買っていました。 (買った本には、買った日付、読んだ日付をメモしています) き…

『禁断の魔術』東野圭吾/自分の教え子が容疑者に・・そのときガリレオの取った行動とは?

探偵ガリレオシリーズ『禁断の魔術』を読みました! 禁断の魔術 (文春文庫) posted with カエレバ 東野 圭吾 文藝春秋 2015-06-10 Amazonで購入 楽天市場で購入 多くを語らないが、いつも事件の数歩先までお見通しのクールな探偵・ガリレオこと湯川学。 今回…

『やってはいけない相続対策』大村大次郎/正しく相続税を知らない人は、損をする!

身近な人が亡くなった時、相続税がどれくらいかかるか、正確に把握していますか? おそらく、正確に把握している人は少ないはずです。 僕自身も、そうでした。 そんな時、 あれを鵜呑みにしたら大損します! という帯のキャッチに惹かれて、『やってはいけな…

『点と線』松本清張/完璧なアリバイと巧妙なトリックが見事な60年前の名作

松本清張さん初の長編推理小説、『点と線』を読みました! 点と線 (新潮文庫) posted with カエレバ 松本 清張 新潮社 1971-05-25 Amazonで購入 楽天市場で購入 これは、1958年に刊行された作品です。 時刻表を使った巧妙なトリックと、あっと驚く事件の真相…

『「やりがいのある仕事」という幻想』森博嗣/仕事に「やりがい」は必要か?

「人は、仕事をするために生きているのではない。」 転職活動の中で、仕事についてお腹が痛くなるくらい悩んだ時に、たまたま手にした1冊です。 「やりがいのある仕事」という幻想 (朝日新書) posted with カエレバ 森博嗣 朝日新聞出版 2013-05-10 Amazonで…

【あらすじ&ネタバレ】『境遇』湊かなえ/ドキドキと感動を味わいたい人にオススメの1冊

湊かなえさんの『境遇』を読みました! 境遇 (双葉文庫) posted with カエレバ 湊 かなえ 双葉社 2015-10-15 Amazonで購入 楽天市場で購入 初めて、湊かなえさんの作品で泣きました。 湊かなえ作品を読んだことがある人も、ない人も、ぜひ手にとってみてくだ…

【書評】『マイホーム価値革命』牧野知弘/「マイホーム信仰」は永遠なのか?

日本人にとても根強い「マイホーム信仰」 この本の著者は、日本人の「マイホーム信仰」の歴史を辿りながら、すでにそれは時代遅れの考え方だと言います。 マイホーム価値革命―2022年、「不動産」の常識が変わる (NHK出版新書 519) posted with カエレバ 牧野…

【あらすじ&ややネタバレ】『豆の上で眠る』湊かなえ/帰ってきた姉は、果たして本物なのか?

湊かなえさんの『豆の上で眠る』を読みました! 豆の上で眠る (新潮文庫) posted with カエレバ 湊 かなえ 新潮社 2017-06-28 Amazonで購入 楽天市場で購入 失踪した姉が、2年後突然帰ってきました。 しかし、帰ってきた姉に対して、妹は違和感を感じます。 …

【書評】『日本史は逆から学べ』「日本史って面白い!」苦手な人にこそオススメしたい1冊

「日本史が苦手な人でも、これなら大丈夫! 」 そんな1冊を見つけました。 日本史は逆から学べ 近現代から原始・古代まで「どうしてそうなった?」でさかのぼる (知恵の森文庫) posted with カエレバ 河合 敦 光文社 2017-08-08 Amazonで購入 楽天市場で購入 …

【あらすじ&ネタバレ】『高校入試』湊かなえ/“入試”が暴き出す人間の本性

湊かなえさんの『高校入試』を読みました! 高校入試 (角川文庫) posted with カエレバ 湊 かなえ KADOKAWA/角川書店 2016-03-10 Amazonで購入 楽天市場で購入 入試をめぐる不可解な事件と、19人それぞれの思惑。 見えない犯人にハラハラしながらも、笑っち…

【あらすじ&ネタバレ】『マスカレード・ホテル』東野圭吾/容疑者もターゲットも見えない緊迫の連続

『マスカレード・ホテル』を、一気に読みました。 最後の結末は伏せておきますが、ラスト150ページくらいは読むのが止まらなかったです。 早く事件が解決して欲しくて、寝るのも忘れてました。 ●どんな物語なのか? ●どんなところが面白いのか? 読んで感じ…

『モチベーション大百科』池田貴将/「やる気」を大学実験から科学的に分析

モチベーションをキープできれば、できないことはありません。 しかし、それができないからみんな困っているのです。 アンソニーロビンズ直伝トレーナーである池田貴将さんもこう言います。 人生で起こることの大半は、この“モチベーション”が決めています。…

繰り返し読みたい本に出会えた人は、幸せだ/失恋のどん底で出会った本について

人生で、何回も繰り返し読める本に出会えることは、とても幸せなことです。 僕にも、数冊そういった本があります。 その中の1冊。大学生の時に三股されるという手痛い恋愛経験をした時に、地元の古本屋で出会った本を紹介します。 好きな映画が君と同じだっ…

“家賃がもったいないから家を買う”のは、あまりにも安易すぎる話

「同じ金額払うなら、賃貸より、将来資産になるマイホームを買った方がいい」 そう言ってマイホームを買う人は多いです。 しかし、これはとても安易な考え方です。 「家賃を払うのはもったいないから、家は買ったほうが得」という理屈は、不動産投資のプロで…

直球な人はどんどんモテていく。その理由を解説します。

ぼくは、決してモテるタイプではないし、昔からモテたわけではありませんでした。 しかし、あるとき「モテるコツ」みたいなものを掴みました。 きっかけは、高校の時の彼女に3股されたこと。 本当にショックでした。惨めで、みっともない思いもしました。 …

「パーティには出るな!」群れている間は成功は遠いという話

社会人になると、異業種交流会やパーティーに誘われる機会が多くなります。 しかし、「交流会に頻繁に参加している人は仕事ができない」という話を聞きました。 簡単に言うと、交流会に出た自分に満足してしまっているということです。 仕事をしている人は、…

「報われない努力は努力じゃない!」/幻冬社社長の圧倒的仕事論

不可能といわれた出版社の立ち上げを成し遂げた、見城徹さん。 彼の著作『たった一人の熱狂-仕事と人生に効く51の言葉-』は、気が狂いそうなほど凄まじい。 ●目の前のことで悩んでいる人 ●毎日がモヤモヤする人 ●頑張りたいけど、なぜだかやる気がでない人 …

「ひとり会議」を実践してみた!タスクに追われる毎日から抜け出したい人は必見。

先日、群れない人は成功するという記事を書きました。 その中で、「群れないで自分の時間を持つことの大切さ」に触れました。 自分の時間を作って何をするのか? 「ひとり会議」がおすすめです。 タスクに追われる日々から抜け出せたので、実際に紹介してみ…

優等生は社会に出ると活躍できない?!その理由を考えてみた

学校で優等生だった人は、社会に出たら大活躍できないという。 なぜ、優等生は社会に出ると活躍できないのか? 日本と海外のデュアルライフを実現し、ノマドワーカーの先駆けである本田直之さんの著書から考えてみた。 何を捨て何を残すかで人生は決まる (青…

成功は孤独の時代に作られる!『声に出して読みたい日本語』著者に学ぶ孤独力

先日、群れない人は成功するという記事を書いた。 作家やコメンテーターとして活躍する明治大学教授の斎藤孝さん(齋藤孝のホームページ)もその一人。 彼が今やっていることは、全て孤独だった時代に作られた。 孤独のチカラ (新潮文庫) 作者: 齋藤孝 出版…

群れない人は成功する!『暮らしの手帖』編集長に学ぶ処世術

『暮らしの手帖』の編集長だった松浦さん。 彼の著作『もし僕がいま25歳なら、こんな50のやりたいことがある。』の中に、面白いことが書いてあった。 もし僕がいま25歳なら、こんな50のやりたいことがある。 (講談社+α文庫) 作者: 松浦弥太郎 出版社/メーカ…

愛のすれ違いが生んだ、悲しい親子の物語/『母性』著:湊かなえ

湊かなえさんの『母性』を読んだ。 母性って、なんだろうか。無償の愛って、なんだろうか。 親になると、当たり前に芽生えるものだと思っていた。 そんなことは、決してない。 この小説は、親になりきれなかった母親と、母親の愛を求め続けた娘の悲しい物語…

人の死を見たいと望む少女たちの成長物語と、あまりにも残酷な結末/『少女』著:湊かなえ

湊かなえに、またもやられた。 映画化もされた 『少女』を読んだ。 渾身の「イヤミス」作品だった。 少女 (双葉文庫) 作者: 湊かなえ 出版社/メーカー: 双葉社 発売日: 2012/02/16 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 188回 この商品を含むブログ (54件) を…

等身大の哲学が、モテる時代がやってきた

個人の時代と言われて久しい。 一億総中流という価値観が崩れ去った今、決められた価値観はない。 誰もが、自分の哲学を持って生きる時代。 それは仕事だけでなく、恋愛でも同じことだ。 男性に限った話で言えば、全然かっこよくないお笑い芸人でさえ、美人…

普通のサラリーマンが資産10億円を作った話

かつて、資産10億円を作り上げたサラリーマンがいた。 本多静六という人物をご存知だろうか。 そんなとんでもないサラリーマンのことを、ぼくはこの本でを知った。 せめて25歳で知りたかった投資の授業 (星海社新書) 作者: ファイナンシャルアカデミー,三田…

「小便が赤くなったことがあるか?」松下幸之助の仕事論

「小便が赤くなったことがあるか?」 稀代の経営者、松下幸之助の仕事哲学。 一見穏やかそうに見える彼の、仕事にかける信念が表れている。 そんな彼の仕事論が、余すことなく綴られている。 若さに贈る (PHPビジネス新書 松下幸之助ライブラリー) 作者: 松…

壮大な伏線が織りなす衝撃のラストと、未来への希望を与えてくれる1冊『さよならドビュッシー』著:中山七里

予想を裏切る壮大な結末だった。 第8回「このミステリーがすごい!」受賞作品、中山七里さんによる『さよならドビュッシー』という作品。 さよならドビュッシー (宝島社文庫) 作者: 中山七里 出版社/メーカー: 宝島社 発売日: 2011/01/12 メディア: 文庫 購…

それぞれの憶測の先に、真実は一つもなかった/現代社会の恐怖と闇を描いた『白ゆき姫殺人事件』著:湊かなえ

またもや、衝撃的な結末だった。 『白ゆき姫殺人事件』 決して、奇をてらった派手な演出ではない。 納得の、しかし想定外のエンディングだった。 白ゆき姫殺人事件 (集英社文庫) 作者: 湊かなえ 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2014/02/20 メディア: 文庫 …

【ネタバレ解説】『秘密』東野圭吾/人生で一番泣いた小説について

週に1冊は本を読むだーまんです。 物心ついた頃から、本が大好きでした。 その要因はおそらく家庭環境にあって、3LDKのうち1部屋が本で埋め尽くされていた家で育ちました。 そんな本好きな両親の元で育ったため、強要されるまでもなく、気づいたら本に夢中に…

『夜行観覧車』(著:湊かなえ)から、兄弟2人を公立高校から東大に入れた両親の教育方針を考える。

最近、僕の中のブームになっている湊かなえ。 今回は、『夜行観覧車』を読んだ。 夜行観覧車 (双葉文庫) 作者: 湊かなえ 出版社/メーカー: 双葉社 発売日: 2013/01/04 メディア: 文庫 クリック: 11回 この商品を含むブログ (41件) を見る おおまかなあらすじ…